ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEシリンダー直径450mmの舶用主機関「UEC45LSE」初号機完成

ページの本文です。
Press Information

2008年8月18日 発行 第 4731号

シリンダー直径450mmの舶用主機関「UEC45LSE」初号機完成
クラス世界最高の省エネ性を実現

 三菱重工業は、好評の舶用低速ディーゼル機関「UEC-LSEシリーズ」に、シリンダー直径450mmの最新型式「UEC45LSE」を新たに加え、本格的に市場投入する。このクラスのベストセラー機関であるUEC52LAの後継機種で、クラス世界最高の燃費効率を実現したのが特長。高い需要が続く30,000~40,000トンクラス(Handy size)のばら積み船をターゲットとして、国内外で拡販をはかっていく。

 このUEC45LSEの初号機がこのたび、当社ライセンシーである株式会社赤阪鐵工所(本社:東京都千代田区、社長:赤阪全七)において完成した。

 UEC-LSE機関は、高い経済性や環境対応性など、船舶の市場トレンドに的確に応えるため、当社独自開発の高精度解析ツール(筒内燃焼シミュレーター、主軸受解析など)や三次元CAD(コンピューター援用設計システム)などを駆使して開発した船舶主機関シリーズで、従来のUE機関の信頼性を一層高めた設計となっている。

 UEC45LSEの開発に当たっては、国内UEライセンシーである(株)赤阪鐵工所や神戸発動機(株)とともに、(株)新来島どっく、函館どつく(株)、(株)神田造船所、尾道造船(株)などへ徹底したヒアリングを実施した。その結果、開発当初から多くの関心が寄せられることとなり、同機関手持ち工事は現在、初号機出荷前にもかかわらず、すでに100台に迫る勢いで、30,000トンクラスのばら積み船(新造船)向け主機関としては、現状国内シェア9割以上となっている。

 UE機関は国内外で多数採用され、その累積出力は2007年に3,000万馬力を超えている。仕向け先としては、国内の著名な船主をはじめ、大手外国船主が採用している。また造船所としては、国内造船所を筆頭に、中国、ベトナム、トルコなど新興造船国に納入しており、国内外の船主、造船所から高い評価を得ている。
 2005年には、中国とベトナムに新規のライセンシーを確保するなど、造船市場のグローバル化に対応する諸策も講じている。
 当社は、今回の新鋭機関投入を機に、さらに積極的な営業活動を展開していく。

UEC45LSE機関 主要目

シリンダー数

6

シリンダー直径(mm

450

ピストンストローク(mm

1,840

出力(kW/cyl

1,245

回転数(min-1

130

燃費(g/kWh

169

正味平均有効圧力 (bar)

19.6

全長(mm

5,894

全重(ton

195

 

                  営業窓口:エネルギー・環境ドメイン 産業エネルギー部
                  担当事業所:神戸造船所



製品ページ

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る