ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


1998年8月26日発行 第3755号

業界トップの省エネ加湿器を完成
リモコン付き500ml型など4機種発売

 三菱重工業は、従来機に比べ加湿能力を毎時500ml25%高めるとともに、消費電力370Wとこのクラスでは業界トップの省エネを達成したビーバー加湿器 SHE501DK を完成、101日から販売を開始する。木造家屋なら8.5畳、コンクリート造りなら14畳用で、価格は22800円。業界で初めてリモコンを採用したほかスイッチパネルを前面上部に配置するなど操作性を向上させ、”使いやすさ”を追求した加湿器で、とくに吹き出したスチームが壁面にかからない斜め上前方ジェット吹き出し気流を採用した点が大きな特長となっている。このほか、リモコン付きで加湿能力毎時700ml SHE701DK 、リモコンのない500ml SHE501D と同じく700ml SHE701D の3機種も商品化、順次市場に投入する。


ビーバー加湿器
SHE501DK

 ビーバー加湿器はいずれも当社独自のスチームファン蒸発式を採用しており、ヒーターに取り付けた蒸発布が水受け皿から毛細管現象によって水を吸い上げ、蒸発布に吸い込んだ水を暖めて蒸気を発生させるしくみ(特許出願中)。
 ファンによる室内空気とのミキシングで吹き出し温度は60℃以下と低く、水受け皿の水温を常温に保っているため万一倒れた場合でも熱湯が流れ出すことがなく、やけどなどの心配は皆無。蒸発布が水分に含まれるスケール等の不純物を吸着するフィルターの役目を果たし、雑菌を室内に放出しないクリーンな加湿器であることも特長の一つ。


 500mlは大容量の5ιのデカタンクの搭載で10時間の連続運転が可能となったほか、①自動的に加湿量を抑える容量制御運転により一日中うるおいを保ち、1回の給水で20時間の長時間加湿が可能で、小部屋での使用に最適な「長時間モード」②運転スイッチを切っていても室内の湿度がわかり、加湿どきを知らせる「乾燥ウォッチャー」③業界初の運転停止前の好みの湿度設定を記憶し、次回運転時に自動的に湿度を設定、操作の手間を省く「湿度設定メモリー」など快適さをつくりだす様々な機能を充実させた。


専用カードリモコン

 さらにデカタンクの給水口を手が入る大きさに改良したので掃除がしやすく、蒸発布は1シーズンに1度交換するが、ヒーター部との着脱を容易にするなど改善をはかり、メンテナンスに配慮した。

 風邪の予防や乾燥を防ぐためなどの健康に対する意識の高まりで、加湿器の需要は96年度に比べ97年度は2桁の伸びを見せ、98万台と大幅に増加している。
 一方、エアコンの急速な普及でエアコンによる暖房が増えつつあるが、エアコンによる暖房は適度な加湿が必要となるため、今後エアコン暖房との併用などで需要はますます拡大することが見込まれる。このため当社では、営業体制を強化、加湿器の拡販をはかることにしており、リモコン付き SHE501DK で初年度4万台の販売を目指す。


 101日の SHE501DK に先がけて、リモコンなし SHE501D 91日、木造12畳用(コンクリート造り17畳用)の SHE701D 915日にそれぞれ発売する。1015日にはリモコン付き SHE701DK の販売を開始する。
価格はそれぞれ2800円、22800円、24800円。


「SHE501DK」のおもな仕様
型  式「SHE501DK」
加 湿 量(ml/h) 500
適用床面積 木造和室:8.5畳
コンクリート造:14畳
外形寸法(mm) 幅210×高さ312×奥行き270
消費電力(W) 370
重  量(kg) 2.9
価  格(円) 22,800


営 業 窓 口空 調 冷 機 部
製作事業所エアコン製作所
問い合わせ先三菱重工冷熱機材㈱
E-mailIIMRE@notes.acrmw.mhi.co.jp
以  上