ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


平成9年12月8日発行

 
国際環境管理規格ISO14001を取得
横浜製作所 総合重工業ではわが国初

 三菱重工業は、環境管理の国際規格であるISO14001の認証を取得した。修繕船から環境装置までを手がける当社横浜製作所が取得したもので、認証の範囲は横浜製作所の扱うすべての事業。海陸を併せた総合重工業としては国内初、また船舶としても業界初の取得。横浜製作所はすでに品質管理規格であるISO9001の認証を受けており、これで品質管理面に加え環境管理面でも国際的な評価を受けたことになる。

 認証を受けたのは修繕船、環境装置のほか橋梁・タンクなどの鋼構造物製品、立体駐車場、ボイラー・ディーゼルエンジン・タービンの原動機製品、舶用補機、産業機械で、認証機関はロイド社。認証の取得に向けて活動を始めてからおよそ9カ月で取得を果たした。

 環境への配慮は地球規模のテーマとなっており、横浜製作所としては、環境事故を未然に防止する「環境リスクに強い企業体質の構築」と「環境に配慮した製品づくり」の2点を目的として、この認証の取得に踏み切ったもの。

 横浜製作所が洗い出した事業活動から生ずる環境への影響要素、すなわち「環境側面」は約3300件。これらを管理するシステムを構築し、従業員に対する環境教育を通じ工作機械などからの油漏れの防止、廃棄物の分別などきめ細かな対策を実施している。

 また、製品の設計・開発過程においても環境への影響を評価し、環境装置をはじめとして、横浜製作所すべてにわたって環境への影響を抑制した製品開発を進めている。

 当社は製品の国際競争力強化のためには、グローバルスタンダードに対応した環境マネジメントシステムの構築が必要との認識から、ISO14001取得活動を全社的に展開している。横浜製作所は、環境装置の主幹事業所でもあることから、当社内のモデル事業所として活動を進めていたもので、当社は今回の経験を活かして横浜製作所以外の各事業所の取得活動を展開している。    

   担当窓口:横浜製作所