ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


平成9年8月22日発行


 

ドバイに駐在員事務所を開設

 三菱重工業は、中東地域における市場開拓を一段と強化するため、アラブ首長国連邦ドバイ首長国ジュベル・アリ・フリーゾーン内に営業・アフターサービスの拠点を開設した。

 豊富な石油資源をもつ中東は、当社にとって最も重要な市場のひとつであり、船舶、原動機、化学プラント等の各分野で数多くの受注・納入実績をもつ。中東へのエネルギー依存度は、今後アジアの経済発展が加速する中でますます大きくなると予想され、これに伴いエネルギー開発・輸送関連の新規商談が増加するものと期待される。このような背景の下、この地域に当社独自の拠点をもつことにより、市場の動向把握、商談発掘等を積極的に推進する。
 拠点の名称は「中東駐在員事務所」。所長には、当社船舶・海洋事業本部主務の福田栄男(さかお)が就任する。

 テリトリーはアラブ首長国連邦、イエメン、イラク、イラン、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリア、バーレーン、レバノン、ヨルダンの13カ国。

 中東地域では、当社は1996年4月にイスタンブール事務所を開設し、ここを拠点にトルコ、イスラエル、パレスチナの市場開拓にあたっている。これにドバイを加えた二拠点により、中東のおける事業展開の拡充をはかる。


    中東駐在員事務所の概要は次の通り。
    所在地:P.O.Box 16767, Jebel Ali FreeZone, Dubai, UAE
    電話:971-4-816591
    FAX:971-4-816613

    担当窓口:国際部