ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


平成9年5月21日発行 

1分間に150袋
高速パウチ充填機を開発

 三菱重工業は、1分間に最高150袋の清涼飲料水の充填が可能な高速口栓付パウチ充填機の開発に成功、初号機、2号機の2台を連続受注した。従来機の能力は1分間に30袋程度だったが、この充填機は4倍以上の能力をもつ。清涼飲料水を詰めた口栓付パウチ商品は、人気が高く供給が追いつかない状態が続いていることから高速充填機のニーズが高まっており、このニーズに応える製品となっている。

 この充填機は10本のノズルをもち、1度に10袋のパウチに300mlの飲料水を充填することができるもの。

 *プリエバキュエーションおよびノズル密着加圧充填により、泡立ちの少ない高速充填が可能。

 口栓付パウチはミクロン単位の薄いポリエステル、アルミホイルなどを重ね合わせたもので柔軟性があり、冷却も可能。持ち運びができ、フタがついているため何回でも飲むことができるところが缶入りと違うところ。
 使用後も小さく折りたたむことができるため、かさばらず処理も簡単。

 今回受注した充填機は1分間の充填数が120袋の能力をもつもの。商品名は「三菱高速口栓付パウチ充填機」。標準価格は1台9300万円で、初年度は10台の販売を見込んでいる。

 果肉入りの果汁飲料、スポーツ飲料といった清涼飲料水だけでなく、ゼリー飲料、タレ類といった食品のほかシャンプー、液体石鹸などサニタリー用品の充填も可能。

 充填容量は1袋あたり500mlまで可能で、パウチからビンまで幅広い容器に対応できる。

 このほか主な特長は次のとおり。
(1)パウチのハンドリングは連続式、充填とキャッピングは追従式を組み合わせた新方式  
   の充填機
(2)キャッピングトルク監視システムを装備し、キャッピングヘッドのトルク維持管理  
  (調整)が可能となった
(3)最大21品種の充填データを記録し、ワンタッチで充填条件の切り換えが可能

 *プリエバキュエーション=充填前に容器内の脱気を行うこと。


    営 業 窓 口 : 産 業 機 器 部
    製作事業所 : 名古屋機器製作所