ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2006年10月10日 発行 第 4523 号

イタリア向けに両面専用枚葉印刷機と商業用オフセット輪転機をセットで受注
優れた印刷品質と生産性が決め手
 三菱重工業は、イタリアの大手印刷会社であるグラフィックスカルベ社(Graphicscalve s.r.l.)から、両面専用枚葉印刷機「DIAMOND 3000TP-12」(タンデムパーフェクター12色機)と商業用オフセット輪転機「DIAMOND 16MAX」をセットで受注した。両機ともイタリア向け受注は今回が初めて。納期は2007年4月で、運転開始は同年7月の予定。


 両面専用枚葉印刷機「DIAMOND 3000TP」
 両面専用枚葉印刷機「DIAMOND 3000TP」
 次の写真へ
 グラフィックスカルベ社は、同国第2の都市ミラノから北東約100kmのアルプス山麓に工場を構える印刷会社。北イタリア一帯を主な商域として、高級雑誌および折込チラシを中心に手掛けており、当社はこれまで枚葉印刷機2台、商業用輪転機1台を納入した実績がある。

 通常、両面印刷を行なう場合には片面ずつ印刷するが、今回受注した「DIAMOND 3000TP-12」は、紙の両面(裏・表)を反転することなく両面同時に印刷できる世界に例のない枚葉印刷機。裏面印刷後の乾燥待ち(半日~1日)が不要で、納期を従来機に比べ約1/3に短縮できることから好評を博し、2002年の市場投入以来の受注累計はすでに100台を超える(うち、海外向け約7割)。受注した「DIAMOND 3000TP-12」は、このシリーズ最大の12色機(表面6色/裏面6色)で、タンデムパーフェクター12色機の受注は今回が初めて。

 一方の「DIAMOND 16MAX」は、国内初のシャフトレス駆動を実現したオフセット輪転機。“損紙の低減”と“印刷準備時間の短縮”の実現に徹底的にこだわった高効率マシンで、大ロットから小ロットまで1台で柔軟に対応する(第24回優秀省エネルギー機器 日本機械工業連合会会長賞受賞)。
 今回の受注は、両機が、優れた印刷品質と経済性を求めるグラフィックスカルベ社に高く評価されたことによる。

 当社は今後も、高生産性と高印刷品質を武器に、欧米諸国はもちろん、成長著しい中国や湾岸諸国などにも印刷機の一層の拡販をはかっていく。



担当窓口:紙・印刷機械事業部 印刷機械輸出営業部

以  上