ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2006年9月26日 発行 第 4514 号

静かで滑らかなギヤづくりに貢献
新型歯車研削盤「ZE24A」を販売


 三菱重工業は、高精度歯車加工のニーズに応える新型歯車研削盤「ZE24A」を10月1日から発売する。2004年の市場投入以来、好評を博しているZE15Aの上位機種で、最大加工ワーク径を240mmとし、一回り大きな歯車の研削を可能にした。
 自動車・二輪車メーカーの要請に応え、乗用車用ファイナルギヤ※1の高精度・高能率加工を実現、静かで滑らかなギヤづくりに貢献する。
 「ZE24A」は、11月1日から8日までの8日間、東京・有明のビッグサイトで開催される第23回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2006)に出品・展示する。

主な特徴は次のとおり。

  三菱歯車研削盤「ZE24A」
  三菱歯車研削盤「ZE24A」
1.非切削時間の削減
  高速歯合わせを実現。非切削時間削減で生産性が向上。
2.操作性の向上
  対話式おまかせソフトで熟練者の匠の技を実現。
  12.1インチ大型液晶画面を採用。グラフィック画面による簡単入力、ヘルプ機能付。
3.容易なメンテナンス
  切削油、油圧・空圧関連設備を集中配置し、メンテナンス性を向上。
4.安全性の確保
  前面ドアに電磁ロックを標準装備。砥石のシャッターカバーにより、砥石回転中でも安全にワーク交換作業が可能。
5.高能率研削の実現
  全8軸NC(数値制御)の全自動機。常に最適な冷却、切屑除去ができるように、クーラント(冷却)ノズル位置もNC制御。
  自動ドレス※2装置を採用し、連続運転中の自動ドレスを実現、加工とドレスの切り替えがスムーズ。

※1 ファイナルギヤ=
 エンジンの回転駆動力は、トランスミッションを介して最終的にディファレンシャルギヤの外周に取り付けられたファイナルギヤで減速され、タイヤに伝わる。
  
※2 ドレス=研削砥石の目立てのこと。

ZE24A主要仕様

項  目

ZE24A

ワーク最大径(mm)

240

加工可能モジュール

1~6

砥石径×長さ(mm)

外径300×125(内径150)

砥石シフト量(mm)

200

砥石最大回転数(min-1

4,500

アキシャル送り量(mm)

250

ラジアル送り量(mm)

270

最大条数

7条 最大ピッチ32 mm

砥石ヘッド旋回角

±45°

テーブル径(mm)

200

テーブル最大回転速度(min-1

600

テーブル駆動方式

トラクションドライブ減速

ラジアル早送り速度(mm・min-1

10,000

アキシャル早送り速度(mm・min-1

10,000

ワーク歯数

5~1,000

メインモータ(連続定格)(kW)

17

ドレッサータイプ

ロータリーダイヤモンドドレッサー

ドレッサー外径(mm)

110

ドレッサー最大回転数(min-1

3,260

テールストックストローク(mm)

400

(テーブル上面からの距離)(mm)

(360~760)

テールストック押付力(kN)

2

NCソフト

対話ソフト標準(グラフィック表示)

NC軸数

8軸(Opt. 9軸)

NCシステム

FANUC  160iMB

油圧(MPa)

7

総使用電力(kVA)

120

機械質量(kg)

11,000




担当窓口:工作機械事業部

以  上