ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2006年8月31日 発行 第 4500 号

コンクリートポンプ事業を日工の子会社へ譲渡
既納機のアフターサービスも含め
 三菱重工業は、コンクリートポンプ事業を、日工株式会社(兵庫県明石市、社長:岸 勝氏)の子会社に譲渡することで合意した。譲渡先は日工が新たに設立した全額出資子会社「日工ダイヤクリート株式会社」で、事業譲渡日は10月1日の予定。譲渡額は4億円。



 具体的には、日工ダイヤクリートが、当社デザインを踏襲したコンクリートポンプ車の市場への供給を行ない、これまで当社が製作・納入してきた製品への部品供給などアフターサービスも手掛ける。なお、当社が2000年に株式会社 新潟鐵工所から譲り受けたコンクリートポンプ関連製品についてもその対象となる。

 当社のコンクリートポンプ事業は、1962年、ドイツ(旧西ドイツ)のシュビング社との技術提携によりスタート、以来、コンクリートポンプ車を主力として多くの実績を残してきたが、近年は市場環境の厳しさから伸び悩みの状態にある。当社は経営の選択と集中を進めるべく、同事業からの撤退を決定、既存顧客への対応の観点から事業譲渡につき検討していた。日工は、現在保有するコンクリートプラント製品に、超高層ビル建設などに威力を発揮する当社のコンクリートポンプ車を新たに加えて事業を強化することで、両社の利害が一致し、今回の合意に至った。

 日工は土木・建設用プラント専業大手で、生コンクリート/アスファルトプラントでは業界トップ。今回の譲渡先となる日工ダイヤクリートは、日工がこの8月にコンクリートポンプ専業として設立した株式会社エヌ・ディー・シーを、事業譲渡時点で社名変更し、営業を開始する。

事業譲渡先の概要

  (1) 商号   日工ダイヤクリート株式会社(株式会社エヌ・ディー・シーを事業譲渡時点で社名変更予定)
  (2) 設立年月日   2006年8月8日
  (3) 本社所在地   山口県下関市長府扇町8番33号
  (4) 資本金   20百万円(事業譲渡日までに資本金4億円へ増資予定)
  (5) 従業員数   約20名
  (6) 当社との関係   重要な資本関係はなし。
 
日程
  2006年8月31日   事業譲渡合意書締結
  2006年9月下旬   事業譲渡契約締結(予定)
  2006年10月1日   事業譲渡日(予定)



担当窓口:下関造船所

以  上