ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2006年8月22日 発行 第 4498 号

機構改革および人事異動

機構改革(9月1日)

 三菱重工業は9月1日付で、原子力事業本部に「APWR推進室」を新設する。米国向け170万kW級の最新型加圧水型軽水炉(US-APWR)の開発と市場投入を早期に推進するのが狙い。
 新組織は、US-APWRの基本設計業務を統括するほか、7月1日付で米国に設立したMNES(MHI Nuclear Energy Systems Inc.)と連携を図り、米国原子力規制委員会(NRC)向け型式証明(DC)取得業務を積極的に推進していく。併せて、国内向けを含めた今後のAPWR開発の取りまとめにもあたる。

人事異動

発令日:9月1日
新 職 旧 職 氏 名
原子力事業本部
APWR推進室長
原子力事業本部
原子力技術センター
軽水炉プラント技術部長
金田 正彦
原子力事業本部
原子力技術センター
軽水炉プラント技術部長
原子力事業本部
原子力技術センター
軽水炉プラント技術部
次長
寺田 良介




以  上