ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2006年7月6日 発行 第 4486 号

三菱みなとみらい技術館「夏休みこども科学フェスティバル」開催
 三菱みなとみらい技術館(館長 佐藤 玲子)は、小・中学生を対象に「夏休みこども科学フェスティバル」を開催する。子供たちに科学技術の楽しさ、モノづくりの面白さを体感してもらおうという夏休み恒例の企画で、今年も、“ソーラーカー”づくりに挑戦する工作教室や、地球深部探査船「ちきゅう」の役割を学ぶ海洋教室など、ワクワク企画が盛りだくさん。期間は7月22日(土)から8月31日(木)まで。


 目玉の一つとなる工作教室は8月5日(土)の開催。クルマのボディとなるペットボトルに太陽電池と車輪駆動部を取り付け、太陽光パワーで元気よく走るクルマをつくるもの。工作を楽しみながら、クリーンエネルギーである太陽光発電について学んでもらうのが狙い。午前10時と午後2時の2回開催。定員20人で、対象は小学3年生~中学生。
 このほか、海洋研究開発機構(JAMSTEC)見学ツアー、映画会、クイズゲーム、さらには放射線の不思議について学べる“原子力オープンスクール”などが開催される。

夏休みこども科学フェスティバルイベント一覧

イベント名
日 時
対 象
内     容
工作教室
ソーラーカーづくり
8/5(土) 10:00~、
14:00~の2回開催
小学3年生~中学生
定員各20人
ペットボトルを使って、太陽電池で走るオリジナルのソーラーカーづくり。
海洋教室 7/30(日)
14:00~16:00
小学4年生~中学生
定員40人
地球深部探査船「ちきゅう」について学ぶ。
海洋研究開発機構(JAMSTEC)
見学ツアー
8/25(金)
9:20~16:00
技術館友の会会員限定
小学4年生~中学生。
定員40人
深海潜水探査機の見学や深海生物の観察。海に関する面白い実験など。
夏休み映画会 7/23(日)、29(土)
8/12(土)、13(日)
1日3回(13:00、14:00、15:00)
入館者(自由参加) 子供から大人まで楽しめる“環境”や“地球”などに関する作品。
館内クイズイベント
「教えて! テクノくん」
7/22(土)~8/31(木) 幼児~高校生 見学しながらクイズに答えよう!
原子力オープンスクール 8/6(日) 10:15~ 小学生以上
(プログラムごとに変更あり)
見えない放射線を見る/原子力発電のしくみ/など

 夏休み期間中、同館の友の会「みらいくらぶ」会員限定の無料入館日を設定。無料入館日は、7月15日(土)、16日(日)、8月1日(火)、2日(水)、3日(木)、19日(土)、20日(日)の7日。友の会は来館して申し込めば、その場で会員になることができる(入会費無料。ただし、当日の入館料は必要)。


 三菱みなとみらい技術館は、地域の人々との交流と、青少年の科学への関心を育むことを目的に1994年6月に開設された。当社が手掛ける最先端の技術・製品を「環境」「宇宙」「海洋」「交通・輸送」「エネルギー」と「身近な技術の知恵と工夫」の6つの展示ゾーンに分け、実機・模型、パネル、映像などで分かりやすく紹介。2005年11月には、来館者が通算100万人を突破、子供から大人まで楽しんでもらえる学習の場として定着している。

▽各イベントへの参加方法
 各イベントとも、希望者は企画名、希望日時、住所、氏名、電話番号、生年月日、友の会「みらいくらぶ」※1会員の方は会員番号を記入してFAX、郵送、または館内受付にて期日までに申し込む※2
 応募締切は「海洋教室」7月20日(木)、「工作&実験教室」7月21日(金)(会員でない方が当選した際には入会が必要。入会費無料)、「海洋研究開発機構見学ツアー」7月27日(木)(事前に友の会に入会が必要)。

※ 1   技術館の友の会「みらいくらぶ」入会は、小・中学生限定。入会費無料。
※ 2   「要申し込み」のイベントは、当選の方のみ郵送にて連絡。

三菱みなとみらい技術館
 

所在地

〒220-8401 横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
  電話 045-224-9031
  FAX 045-224-9902
  ホームページ http://www.mhi.co.jp/museum/
  電車 みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分
JR根岸線・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩8分
  開館時間 10:00AM~5:30PM(ただし入館は4:30PMまで)
  休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
  入館料 一般300円、中・高校生200円、小学生100円
※小・中・高校生の遠足・修学旅行・総合学習での来館は無料(要予約)



担当窓口:三菱みなとみらい技術館

以  上