ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2005年12月8日 発行 第 4418 号

UAEからオフセット枚葉印刷機3台一括受注
高印刷品質と高生産性が評価
 三菱重工業は、アラブ首長国連邦(UAE)最大の印刷会社AGPPH 社(Al-Ghurair Printing & Publishing House)から高速印刷を可能とした両面印刷専用オフセット枚葉印刷機「D3000TP」“タンデムパーフェクター”(Tandem Perfector)など、印刷機計3台を一括で受注した。2006年3月より順次納入する。


両面印刷専用オフセット枚葉印刷機“タンデムパーフェクター”
両面印刷専用オフセット枚葉印刷機
“タンデムパーフェクター”
 今回受注したのは、両面印刷専用オフセット印刷機「D3000TP」(タンデムパーフェクター)のほか、片面オフセット枚葉印刷機「D3000LS」および片面/両面兼用オフセット枚葉印刷機「D3000R」。「D3000TP」および「D3000R」は主として教科書印刷向けに、また「D3000LS」は一般の商業印刷向けに使用される。

 タンデムパーフェクターは、裏面印刷後に紙を反転することなく、表面の印刷を可能にした世界に例のない印刷機。新たに開発した独自の胴配列(連接ユニット※)により両面印刷機で心配される印刷のダブリや紙の伸び・ムダを排除した。また、裏面印刷後の乾燥待ち時間(半日~1日)もなくなることから、納期を従来の片面印刷機の約1/3に短縮でき、生産性が向上する。この高作業性がお客様のニーズを的確に捉え、2002年の発売以来の受注累計は今回の受注を含め90台(内、海外は50台)に達し、なお数多くの引合いを抱えている。

 AGPPH 社は、中東最大の印刷会社で、傘下に小売・商業銀行・保険・建設、アルミ精錬などの諸事業を展開する企業集団AL-GHURAIR グループの印刷部門。
 UAEをはじめとする湾岸諸国は、フリーゾーン(経済特区)を設定、自国・他国を問わず法人税などの税制優遇や通関時間短縮などビジネス上の便宜を与えているが、AGPPH 社もこの優遇措置を利用し新たな事業を展開するため、今回の発注となった。この3台のマシン導入により、同社の生産(印刷)能力は現状比約50%アップする。

 印刷機械市場では、新規需要の50%以上を両面印刷機が占めているが、タンデムパーフェクターは紙を反転することなく1回で両面印刷が可能なことから、高生産性と高印刷品質を武器に、成長著しい中国をはじめ、欧米および湾岸諸国に対しさらなる拡販をはかっていく。

※連接ユニット= 裏面印刷ユニットから表面印刷ユニットに、紙を反転させずに送る機構。

 

「D3000TP」“タンデムパーフェクター”(菊全判用)主要諸元

適用紙範囲
(mm)

最大

1,020×720

最小

540×360

紙厚範囲 (mm)

0.04~0.6(厚紙専用の場合0.2~0.8)

最大印刷寸法 (mm)

1,020×710

版寸法 (mm)

1,030×800×0.24または0.3

 



担当窓口:紙・印刷機械事業部 印刷機械輸出営業部

以  上