ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2005年11月25日 発行 第 4416 号

イラク共和国向け貿易債権の回収不能に関するお知らせ
三菱重工業は、イラク共和国向け貿易保険付保債権の段階的削減及び長期返済繰り延べに関し、独立行政法人日本貿易保険に対して、当該債権の回収に係る権利行使等を委任しております。

2005年11月24日付けにて、日本政府とイラク共和国政府との間で、イラク共和国に対する公的債務救済措置(段階的削減による最大80%迄の債権切捨)についての取り決めが合意され、このための書簡の交換が行われました。

これに伴い、当該債権のうち、当社が保有する貿易債権約114億円(元本:約60億円、遅延損害金:約54億円)につき、将来的に最大80%に相当する部分が回収不能となりますのでお知らせします。

なお、上記債権につきまして、約91億円が回収不能となりますが、本件により発生する損失につきましては、過年度において貸倒引当金を計上済みであり、当社の2006年3月期業績予想に与える影響はありません。





以  上