ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2005年10月7日 発行 第 4402 号

放射線治療装置などの販売・サービス会社を設立
コニカミノルタエムジー、三菱商事、西華産業と合弁で
 三菱重工業は11日、放射線治療装置を主体とした医療機器の販売・サービス会社「MHIメディカルシステムズ株式会社(MHI Medical Systems, Inc.)」を、コニカミノルタエムジー、三菱商事、西華産業と合弁で設立する。当社が開発を進めている、がん治療を目的とした放射線治療装置などを取り扱うもので、申請中の薬事法上の各種承認を取得次第、営業活動を開始する。


 MHIメディカルシステムズは、本社を東京都港区三田に置き、放射線治療装置をはじめとする医療機器の販売・保守・点検・修理サービスを手掛ける。資本金は9,600万円で、各社の出資比率は当社50%、コニカミノルタエムジー20%、三菱商事15%、西華産業15%。経営陣・社員総勢11人の陣容でスタートし、今後、保守サービス要員などを順次増強していく。社長には当社で本装置開発プロジェクトに携わっていた石橋 明(現 菱明技研株式会社機械プラント技術部主管)が就任する。

 当社が医療機器ビジネスに参入するのは今回が初めて。そのため、この分野で豊富な経験を有する各社とともに事業展開をはかる。コニカミノルタエムジーは、医療用X線フィルムやCR(コンピューティッド・ラジオグラフィー)、レーザーイメージャーなど医療用診断分野での販売・保守サービス網を持ち、三菱商事は、病院経営支援など各種ソリューションの提供を通じた医療関連事業化のノウハウを有す。また、西華産業は、画像診断ソフトウェアや医療機器などの販売を通じ医療現場に精通している。各社はこれらを持ち寄って新会社の経営に参画する。

 新事業の核となる放射線治療装置は2004年7月に当社が新たに導入した社内ベンチャープロジェクト制度の認定を受けて開発を推進しているもの。

 新会社は、薬事法上の「製造販売承認」ならびに「製造販売業の許可」の取得を待って、放射線治療装置の販売・サービス事業を開始、国内はもちろん、広く海外の販路も開拓していく方針。また、放射線治療装置のほか、新たな医療機器の開発も検討していく。

菱明技研株式会社

当社の技術本部の実験業務支援を目的に設立された当社全額出資関連会社。
本   社:広島市西区
取締役社長:塚本 頴彦

1.会社概要
 (1) 商  号:MHIメディカルシステムズ株式会社
         (英文名:MHI Medical Systems, Inc.)
 (2) 事業内容:医療機器の販売、保守・点検・修理サービス
 (3) 設立年月日:平成17年10月11日
 (4) 本社所在地:東京都港区三田三丁目11番36号
 (5) 代表者 :石橋 明
 (6) 資本金 :96百万円
   (出資比率  三菱重工業 50%、コニカミノルタエムジー 20%、三菱商事 15%、西華産業 15%)
 (7) 人 員 :11人 (常/非常勤で、保守サービス対応要員を除く)

2.各社概要
 ◇ 三菱重工業株式会社
   所 在 地:東京都港区港南2-16-5
   取締役社長:佃 和夫
 ◇コニカミノルタエムジー株式会社
   所 在 地:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル
   取締役社長:谷田 清文
 ◇三菱商事株式会社
   所 在 地:東京都千代田区丸の内2-6-3
   代表取締役社長:小島 順彦
 ◇西華産業株式会社
   所 在 地: 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
   取締役社長: 藤本 守孝



担当窓口:広島製作所

以  上