ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2005年9月16日 発行 第 4394 号

立体駐車場専業の新会社 営業開始
 三菱重工業は10月1日付で、立体駐車場専業の新会社を全額出資で設立、「三菱重工パーキング株式会社」として営業を開始する。顧客に密着した新たな体制により、立体駐車場事業の強化を目指す。


 三菱重工パーキング株式会社は、当社の開発・生産・販売機能と、当社100%出資子会社である三菱重工パーキング建設株式会社のアフターサービス機能を統合して発足する。具体的には、三菱重工パーキング建設を母体(承継会社)とし、当社の立体駐車場部門を吸収分割する(10月1日付で三菱重工パーキング建設株式会社を商号変更予定)。資本金3億5,000万円。初代社長には脇 憲市(わき けんいち)横浜製作所主幹技師が就任する。発足時の従業員数は約150人。

 新会社は、立体駐車場の開発・設計・製作・据付け・販売からアフターサービス・運営管理・コンサルティングまでを手掛ける。立体駐車場の新設部門とアフターサービス部門を一体化した体制により、市場の変化にスピーディに対応。顧客ニーズをより反映した新製品開発を強力に進める一方、多様なサービスを提案して、アフターサービス市場の掘り起こしに注力していく。

新会社の概要

商号
三菱重工パーキング株式会社
事業内容立体駐車場に関する開発・設計・製作・据付け・販売・アフターサービス等
設立年月日平成17年10月1日
本店所在地神奈川県横浜市中区錦町12番地(三菱重工業 横浜製作所内)
代表者脇 憲市
資本金350百万円
従業員数約150人



担当窓口:鉄構建設事業本部 都市開発施設部

以  上