ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2005年2月4日 発行 第 4313 号

三菱重工が、機動戦士ガンダムを作ったら……
就職イベント「MHI Jobcon 2005」を開催
 三菱重工業は、来春卒業予定の大学生・大学院生を対象とした独自の就職イベント「MHI Jobcon 2005」を、14(月)、15(火)の両日午前10時から午後6時まで、東京都港区の品川三菱ビルで開催する。当社の幅広い事業内容と企業文化をよりよく知ってもらうことが目的。人気アニメを題材としてビッグプロジェクトの立ち上げから完成までを体感してもらうイベント「“三菱重工版”機動戦士ガンダム開発ストーリー」のほか、14日には当社での仕事のやりがいや苦労について、当社の佃和夫社長が直接、学生に語りかける催しなどが行われる。


 このJobconは今年で4回目。各催しはイベント会場とブース会場の2会場で行われる。
 イベントの目玉となる「機動戦士ガンダム開発ストーリー」は、ガンダムを作るという想定で、当社の業務フローをシミュレートする。その時、当社の研究・開発、設計担当は、また製造、品質管理、さらに営業、財務、資材など担当は、それぞれどのような役割を担うのか。迫力のある映像と音響を楽しみながら、多くの社員がアイデアを出し合い、検証し協力し合いながら初めて大きなプロジェクトを完成させていく醍醐味を一人ひとりに知ってもらうイベントとなる。

 もうひとつの目玉である佃社長の講演は、元フジテレビ・アナウンサーの城ケ崎祐子さんのインタビューに答える対談形式で行われる。これまでの会社生活を通した体験談、リーダー論、当社の目指す方向、学生へのメッセージなどを語りながら、当社で働くことの面白さ、その魅力を伝える。

 ブース会場では、船舶・海洋、原動機、航空宇宙、工作機械など当社の各事業本部、事業部、事業所、研究所など合わせて30のブースが開設される。
 当社は、技術系の場合、学生が配属を希望する部門を事前に登録したうえで採用試験を受け、合格すれば必ずその部門で働くことができる「配属予約採用制」を導入しているが、学生たちは各ブースでそれぞれの仕事の詳細やその魅力を聞きながら、配属希望先を検討することができる。会場には、開発・設計などの最前線で活躍する若手エンジニアとの面談コーナーも設けられており、配属希望先検討の際の力強いサポーターとなる。

 「MHI Jobcon 2005」への参加には、インターネットを通して申し込みが必要。

 なお、東京地区での開催に引き続き、各部門の若手エンジニアとの面談を中心とした同様のイベントを、仙台、大阪、福岡、名古屋、札幌でも開催する。スケジュールは以下の通り。ただし、これらの地区での催しは技術(理工)系大学生・大学院生のみが対象となる。


開催地

開催日

場  所

仙台

2月21日(月) 9:30~17:00

仙台国際センター

大阪

2月23日(水)11:00~17:00
2月24日(木)10:00~17:00

梅田スカイビル

福岡

2月28日(月)10:30~16:00

エルガーラホール

名古屋

3月1日(火)10:30~16:00

名古屋国際会議場

札幌

3月7日(月)10:30~16:00

札幌コンベンションセンター

※仙台・札幌はブースの開設はなく、イベント形式のみ。



担当窓口: 人 事 部

以  上