ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2004年11月15日 発行 第 4293 号

ブラジル、インド、シンガポール、韓国に現地法人を設立
海外事業拡大に対応した海外拠点基盤強化
 三菱重工業は、ブラジル、インド、シンガポール、韓国の各国において、それぞれ新たな法人の設立、既存の駐在員事務所の現地法人化に着手する。加速する経済のグローバル化に対応した海外拠点の基盤整備・強化の一環。いずれも当社にとって重点市場に当たる国々で、これらの地域に密着した自立的な営業力の確立と調達力の強化を図っていくのが狙い。すでに今年4月にメキシコ駐在員事務所の現地法人化を実施しているが、今回はそれに続く海外拠点強化となる。


 今回の強化対象地域の選定にあたっては、BRICs※1の台頭、自由貿易協定(FTA)の拡大、北東アジア経済の緊密化(日中韓経済の連繋)など、グローバル経済の新たな展開を見据え、戦略的な効果が期待できる地域をターゲットとした。

 BRICsへの対応に関しては、ブラジルのサンパウロに新たな現地法人「伯国三菱重工業」(Mitsubishi Industrias Pesadas do Brasil Ltda.)と、インドの首都ニューデリーの駐在員事務所を現地法人化するかたちで「インド三菱重工業」(Mitsubishi Heavy Industries India Private Ltd.)をそれぞれ来年1月に設立し営業を開始する。

 ブラジルでは、当社はサンパウロにボイラー製造の拠点としてCBC重工業を40年前に設立し、ここを営業拠点としても活用してきたが、メルコスール(Mercosur、南米南部共同市場)の中核国としての堅調な経済発展や関税障壁の縮小などの動きを踏まえ、営業拠点に特化した新現地法人「伯国三菱重工業」を設立する。
 CBC重工業を加えた昨年度の受注額110億円を2~3年以内に150億円規模にまで拡大していく。

 インドでは、規制緩和・経済開放、FTAなどの経済政策の推進に伴い、ビジネスチャンスが急速に拡大、発電や化学プラントなどの大型受注品から、エアコンや印刷機械、工作機械といった中量産品まで様々な商談が活発化している。これを受け、営業拠点としてのみならず、調達や生産なども視野に入れた地域総合拠点としての役割を担う「インド三菱重工業」を設立する。昨年度41億円の受注額を2~3年以内に100億円規模にまで拡大することを目指す。

 FTA拡大への対応に関しては、シンガポールに営業・調達拠点に特化した現地法人「シンガポール三菱重工業」(Mitsubishi Heavy Industries Singapore Private Ltd.)を12月に設立する。シンガポールは、FTAの積極的な推進により、東南アジアをはじめ中国やインドへの影響力を強めつつある。当社は、同国をアジア各国の情報・交易の核と捉え、周辺国でも商機拡大を狙う。昨年度152億円の受注額を数年のうちに300~400億円レベルまで引き上げる方針。

 北東アジアでは、中国の世界貿易機関(WTO)加盟、韓国の対日輸入規制の撤廃、日中韓FTA構想や投資協定の進展など、ますます緊密化・活発化する各国の経済交流に対応して、韓国の首都ソウルに営業拠点「韓国三菱重工業」(Mitsubishi Heavy Industries Korea Ltd.)を来年1月に設立する。
 当社の韓国における拠点は、釜山駐在員事務所が調達支援のみを行っており、独自の営業拠点を有していなかった。今回の営業拠点の設立は、ビジネスチャンスの拡大に対応するもので、それにより、昨年度の受注額366億円を数年のうちに400~500億円規模に拡大していく。

 これらの海外拠点の基盤整備・強化に連動して、当社は中国でも、今後の規制緩和の動きなどをにらみつつ、上海、北京、香港の各拠点を核とした現地オペレーションを見直し、体制を再編・強化していく。

新現地法人の概要
社名
インド三菱重工業株式会社(Mitsubishi Heavy Industries India Private Ltd.)
住所3B, 3rd Floor, Berjaya House New Friends Colony,
New Delhi -110065 India
代表者田中 克幸
設立・営業開始2005年1月
資本金59百万円
従業員数8人
業務内容当社製品の販売・サービス・関連現地工事・調達・及び本社受注活動支援

社名
シンガポール三菱重工業株式会社(Mitsubishi Heavy Industries Singapore Private Ltd.)
住所150 Beach Road, #15-8 Gateway West, Singapore 189720
代表者石井 純一
設立・営業開始2004年12月
資本金49百万円
従業員数6人
業務内容当社製品の販売・サービス・関連現地工事・調達・及び本社受注活動支援

社名
韓国三菱重工業株式会社(Mitsubishi Heavy Industries Korea Ltd.)
住所ソウル市
代表者押川 雅俊
設立・営業開始2005年1月
資本金72百万円
従業員数9人
業務内容当社製品の販売・サービス・関連現地工事・調達・及び本社受注活動支援

社名
伯国三菱重工業株式会社(Mitsubishi Industrias Pesadas do Brasil Ltda.)
住所Rua Sampaio Viana 277 5-Andar CEP:04004-000 Paraiso
Sao Paulo Brasil
代表者佐戸 守
設立・営業開始2005年1月
資本金21百万円
従業員数3人
業務内容当社製品の販売・サービス・関連現地工事・調達・及び本社受注活動支援

※1  BRICs=ブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国の頭文字をとった造語で、台頭著しい新興の地域大国を意味する。米大手証券会社ゴールドマン・サックスが2003年に投資家向けレポートで用いて広く関心を呼んだ。これら4カ国は国土面積で世界の約3割、人口で約4割を占め、このままの経済成長が進むと、2050年には経済規模で順に、中国、米国、インド、日本、ブラジル、ロシアとなってそれぞれ上位を占め、既存の世界秩序は大きな再編を余儀なくされるとレポートは予測している。



担当窓口:海外戦略本部

以  上