ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2004年8月3日発行 第4258号

ナノテクノロジーが拓く加湿器の新時代
世界初 透湿方式採用のビーバー新型加湿器
「nanomist(ナノミスト)」本格販売


 三菱重工業は、三菱重工空調システム株式会社(社長:岡 博)と共同で、世界初の透湿方式を採用した加湿器「nanomist(ナノミスト)」を9月1日から順次本格販売します。

ビーバー加湿器
SHH55AD-W(ホワイト)
SHH55AD-P(ピンク)

 当社がナノテクノロジーを取り入れて開発した形状記憶ポリマー技術を応用した画期的な次世代型加湿器で、水分子のみを通す透湿膜が、水をナノサイズの分子として放出する特性を利用して製品化しました。この新しい方式では、水分子のみを透過するため、カビや雑菌類を通さないクリーンな加湿が可能なほか、従来型に比べて非常に小さいナノサイズの水滴の放出により、室内の湿度の拡散性を飛躍的に高め、当社従来比約3倍の適湿到達スピードを実現しました。

 本格販売の第一弾となるのは、1時間あたりの加湿能力が550mlと750mlの家庭用2機種で、業務用についても、順次製品化をはかっていく方針です。


「nanomist」の主な特長は以下のとおりです。

1. 優れた拡散性
 吹出し部の微細な水蒸気は直径10nm(ナノメートル※1)以下で、室内の湿度の拡散性を飛躍的に高め、適湿到達の大幅な短時間化を実現しています。
2. 業界トップの省エネ設計
 透湿方式によりヒーターOFFでも定格の65%の加湿ができ、従来のスチームファン式加湿器に比べて62%(1年間で約5,100円の電気代)もの省エネを実現します。
3. メンテナンスフリー
 水の中のスケール水分は「nanomist」チューブには付着せず、水槽の底に堆積するだけなので、シーズンオフ時に排水栓を抜いて排水するだけで、手入れの手間がかからないメンテナンスフリーを実現しています。
4. クリーン加湿
 透湿膜は水の分子(0.35ナノメートル)は通しますが、これ以上大きなサイズのカビ、雑菌、ウイルスなどは一切通さないため、クリーンな加湿を実現します。
5. 安全設計
 加湿器内の水や加湿空気の吹出口は熱くないため、吹出口に手をかざしたり、万一転倒した場合でも火傷の心配などは一切ありません。
6. 斬新なデザイン
 加湿商品というより、快適な保湿商品との位置付けで、1年中使用できるインテリア商品としてデザインしました。そのため、表面の仕上げ、造形ともに高級感ある清潔さを演出しています。また、表・裏のない造形で設置場所を選びません。
 さらに、「乾燥」や「給水」を発光ダイオード(LED)による表示と女性の音声とで二重に案内するなど、使い勝手の面でも工夫を凝らしています。

※1 東京大学生産技術研究所 酒井研究室による計測結果に基づく。


担 当 窓 口
技術本部 先進技術研究センター
冷熱事業本部 空調輸冷営業部
三菱重工空調システム(株)設備システム本部 システム製造部


以  上