ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

  平成16年6月17日

三菱重工業株式会社
株式会社日立製作所
株式会社日立空調システム
日立と三菱重工が空調冷凍事業を統合することで基本合意

 三菱重工業株式会社(取締役社長:佃 和夫/証券コード:7011/以下、三菱重工)と株式会社日立製作所(執行役社長:庄山 悦彦/証券コード:6501/以下、日立)および日立の子会社である株式会社日立空調システム(取締役社長:中山 義彦/非上場/以下、日立空調)は、空調冷凍事業の強化に向け、三菱重工の冷熱事業本部(車両用空調機事業を除く)と日立空調を統合し、日立および三菱重工を株主とする合弁会社(以下、合弁会社)とすることで、本日、基本合意しました。
 統合は2005年4月1日を予定しており、三菱重工と日立は対等のパートナーとして、合弁会社を運営します。なお、合弁会社の詳細については、今後協議の上、決定します。

 国内の業務用空調機器をはじめとする空調冷凍事業は、省エネルギー、オゾン層破壊防止、地球温暖化防止などへの一層の対応など、環境負荷の少ない製品開発、事業展開の迅速化が必須となっています。また、海外市場については、中国をはじめとした地域での需要拡大が期待できるなど、今後の事業運営において、グローバル展開の加速が重要となっています。

 三菱重工、日立および日立空調は、こうした国内外の事業環境の変化に対応し、今後の事業拡大には双方の強みを活かし、かつ効率的な事業運営を行うことが欠かせないとの判断から、このたび、事業統合することで基本合意に至りました。合弁会社では、双方の優れた技術の融合だけでなく、業務用エアコンから大型セントラル空調機までの幅広い製品群を供給可能な総合空調・冷凍機器メーカーとして、開発から製造、販売、保守に至るまで、より効率的なオペレーション体制をグローバルに構築することで、両社の強みを最大限に発揮し、事業拡大に取り組む予定です。

<各社の概要>
■日立の概要

会 社 名 株式会社日立製作所
事業内容 情報通信システム、電子デバイス、電力・産業システム、デジタルメディア・ 民生機器にかかる開発、生産、販売、サービス
代 表 者 代表執行役 執行役社長 庄山 悦彦
資 本 金 2,820億円(2004年3月末)
所 在 地 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
連結従業員数 326,344人(2004年3月末)
連結売上高 8兆6,324億円(2004年3月期)

 

  □日立空調の概要
  会 社 名 株式会社日立空調システム
  事業内容 冷暖房空調機器、冷凍冷蔵機器(主な製品としてパッケージエアコン、小型冷凍機および大型冷凍機)の製造、販売、工事およびアフターサービス
  代 表 者 代表取締役 取締役社長 中山 義彦
  資 本 金 100億円(日立製作所 100%)
  所 在 地 東京都千代田区神田須田町一丁目23番2号
  主な生産拠点 静岡県静岡市、茨城県土浦市、中国、スペイン、ブラジル
  連結従業員数 5,382人(2004年3月末)
  連結売上高 1,396億円(2004年3月期)

■三菱重工の概要

会 社 名 三菱重工業株式会社
事業内容 新造船、鉄構構造物、物流システム、火力・原子力・風力・地熱・水力発電プラント、環境機器、交通システム、プラスチック機械、印刷機械、工作機械など各種産業機械、航空・宇宙機器、建設機械、ディーゼル・ガソリンエンジン、エアコン、冷熱プラント等の製造、販売
代 表 者 代表取締役 取締役社長 佃 和夫
資 本 金 2,656億円
所 在 地 東京都港区港南二丁目16番5号
連結従業員数 59,949人(2004年3月末)
連結売上高 2兆3,734億円(2004年3月期)

  □三菱重工冷熱事業本部の概要
  事業部名 三菱重工業株式会社 冷熱事業本部
  事業内容 業務用空調機、住宅用空調機、車両用空調機、応用冷機、輸送用冷凍機、大型冷凍機の製造、販売、工事およびアフターサービス
  所 在 地 愛知県西春日井郡西枇杷島町旭町3番1号
  主な生産拠点(*) 愛知県西春日井郡西枇杷島町、兵庫県高砂市、中国、タイ、サウジアラビア
  連結従業員数(*) 約3,800人(2004年3月末)
  連結売上高(*) 約1,250億円(2004年3月期)
(*)主な生産拠点、連結従業員数、連結売上高は車両用空調機を除いたもの。


以  上