ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

  平成16年6月16日

三菱重工業株式会社
三菱商事株式会社
株式会社東京三菱銀行
三菱自動車に関する声明

本日、三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)は、新たなリコール問題等の事態を踏まえ、国内販売の計画未達リスクが高まっているとの判断から、このリスクに備えた「事業再生計画達成の為の追加施策」を発表しました。

この発表において三菱自動車は、あらためて、トップマネジメントから一般社員までが一丸となって事業再生に取り組む姿勢であることを示すとともに、過去と完全に訣別して全く新たな企業として生まれ変わるべく、「コンプライアンス第一」「安全第一」「お客様第一」を経営理念として徹底するため、アクションプランを具体的に定め、実行に移そうとしております。

お客様の信頼回復に向けた具体的プランとして、三菱車にお乗りの全てのお客様への「ご愛車無料点検」、三菱車を購入されるお客様への「三菱3年フルサポートプログラム」を開始しています。また、品質問題の再発防止に向けては、新たに設置されるCSR推進本部の中に内部監査機能をおき、品質保証チェック機能の履行状況監査を徹底するとともに、このCSR推進本部の活動状況を取締役会の諮問機関である企業倫理委員会が社外の目で監視する仕組みが確立されようとしています。

今回の追加施策は、労務費の削減、海外販売管理費の削減、国内一般管理費の削減等からなるものですが、中でも労務費の削減では、役員や統括専門職社員の報酬カットの上乗せに加え、一般社員についても月例給与の5%カットを実施し、更に社員全員の今年度冬季一時金の支給を見送るなど、労使一体でこの非常事態を乗り切るための対策を明確に打ち出しています。

三菱重工業株式会社、三菱商事株式会社、及び株式会社東京三菱銀行は、以上のような、三菱自動車の事業再生計画実行への取組みが着実に成果を出すことを期待し、同社再建に向けて最大限の協力をしていく所存です。


以  上