ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2004年2月9日発行 第4202号

松本零士氏を迎え 学生にエール
異色の就職イベント「MHI Jobcon 2004」を開催


 三菱重工業は、来春卒業予定の技術系大学生・大学院生を対象にした独自の就職イベント「MHI Jobcon 2004」を、20日午前11時から午後6時まで、東京・港区の品川インターシティホールで開催する。開発・設計などの最前線で活躍する若手エンジニアとの面談コーナーを設けるほか、今春モニター開始予定のホームユースロボットwakamaruも登場、当社の技術力の一端を紹介する。また、漫画・アニメ作家の松本零士氏と、wakamaruの開発責任者との対談や、当社採用担当課長による面接についての講演会など、他社に例のない異色の内容で、2000人の来場を見込んでいる。
 このJobconは今年で3回目となるが、対談や講演を交えた形式での開催は今回が初めて。

 当社は技術系の場合、船舶・海洋、原動機、原子力などの事業本部、事業所や研究所など、学生が配属を希望する部門を事前に登録したうえで、その部門で採用試験を受け、合格すれば必ずその部門で働ける「配属予約採用」を行っており、導入以来、学生の間で非常に高い人気を得ている。

 「配属予約採用」を受けてこの会場には、事業本部および事業部、長崎造船所、名古屋航空宇宙システム製作所などの事業所、高砂、横浜などの研究所、合わせて22の配属予定部門のブースが開設される。学生は各ブースで若手エンジニアから事業内容の詳細や、そこでの仕事の魅力などを聞きながら、配属希望部門を検討する。
 また、この採用方式では各部門が主体となって必要な人材を確保するため、ブースでは学生からの質問への応答だけでなく、積極的に各部門の魅力を訴え、熱のこもったPRが行われる。

 午後2時からはwakamaruの案内と挨拶により、「次世代を担うエンジニアに託す~時間は夢を裏切らない~」をテーマにした対談が行われる。
 漫画・アニメ創作のかたわら(財)日本宇宙少年団理事長、かかみがはら航空宇宙博物館名誉館長なども務め、科学技術分野に造詣が深い松本零士氏と、wakamaruの開発責任者である当社神戸造船所新製品・宇宙部長 長島 是(ながしま ただし)の二人が、科学技術に対する夢や、その実現に向けた努力の醍醐味などを語り、将来の技術を支えるエンジニアを目指す学生達にエールを送る。

 また、この対談の後に、当社本社人事部採用担当課長が、技術系学生の就職活動における「面接に勝ち抜くための四つのポイント」と題した講演を行うことになっている。

 「MHI Jobcon 2004」への参加には、当社採用ホームページ(http://www.mhi-aspire.jp)でのエントリーと共に、同ホームページにて当日参加に関する事前の申し込みが必要。

 なお、東京地区での開催に引き続き、各部門の若手エンジニアとの面談を中心とした同様のイベントを、名古屋、大阪、札幌など6都市で開催する。そのスケジュールは以下のとおり。

開催地
開催日 場 所
名古屋 2月24日 ウィルあいち
仙 台 2月25日 仙台国際センター
大 阪 2月26日 グランキューブ大阪
京 都 3月 1日 京大会館
福 岡 3月 2日 福岡センタービル
札 幌 3月15日 ホテル札幌会館
 
担当窓口
人事部


以  上