ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2004年1月29日発行 第4198号

HVAC&R JAPAN 2004に新型ビル用マルチエアコンなど数多く出展
生活時間と生活空間をクロスさせた新しい展示を展開


 三菱重工業は、“The Beautiful Life with MHI ”をテーマに2月3日から6日まで東京・有明の東京ビッグサイトで開かれるHVAC&R JAPAN2004(ヒーバック アンド アールジャパン2004 第33回冷凍・空調・暖房展)に、新型ビル用マルチエアコン「ハイパーマルチLX」、店舗用エアコン「セゾン ハイパーインバータ」を中心に、計30数機種を出展します。今回は単なる各製品ラインアップの紹介ではなく、朝・昼・夜という一日の生活時間と、住宅、オフィス、病院などの生活空間をクロスオーバーさせた展示を行い、日常の様々な生活シーンと当社空調製品との結びつきを強調するこれまでにない展示を展開します。


HVAC&R JAPAN2004
三菱重工 展示スペース
 
    HVAC&R JAPAN2004 出展機
新型ビル用マルチエアコン
「ハイパーマルチLX」

 展示スペースは16小間144m2で、ここに住宅、オフィス、病院、レストラン、コンビニエンスストアなどの様々な生活空間を再現し、住宅には家庭用ルームエアコンや加湿器、オフィスには小型マルチエアコン、病院には病院用エアコンや空気清浄機、コンビニエンスストアにはソフトクリームフリーザーというように、それぞれの生活空間で使用される様々な製品を配置し、その役割と性能、特長などを分かりやすく展示、提案します。

 今回出展の中心機種となるのは、本年5月に発売するオフィスビルや大型店舗向けの新型ビル用マルチエアコン「ハイパーマルチLX」シリーズと、中小型の店舗やオフィス向けとして昨年12月から発売を開始した「セゾン ハイパーインバータ」シリーズの2機種。両機種とも冷媒はR410Aを採用し、顧客のニーズに合わせた豊富な出力ラインアップと、業界最高水準の省エネ性能、業界トップの配管長による設置自由度の向上などの特長を、オフィス、レストランといった実際の設置場所をイメージした展示により来場者にアピールします。

 このほか、昨年の発売以来大変高い評価を得ているターボ冷凍機AARTシリーズ、インバーター駆動ターボ冷凍機NART-Iシリーズも分かりやすくパネル等により紹介します。
 また、世界初の「無孔透湿膜方式」採用のビーバー加湿器「nanomist」や、殺菌酵素フィルターを搭載した病院用エアコン、アレルゲンクリアフィルター採用の新型ビーバーエアコン、レストラン向けワインセラーシステムなどの空調製品も展示するほか、エアコン洗浄ロボット、次期型ロータリーコンプレッサーなどの関連機器についても実機展示やパネルで紹介します。

 今回はこれらの生活空間に合わせた製品の展示を、朝・昼・夜といった一日の生活の時間軸に沿って見ることができ、朝の目覚めから夜の眠りに至るまでのあらゆる場面で快適な暮らしを支える当社空調製品と関連機器をくまなく紹介し、「三菱重工で始まり、三菱重工で終わる快適な暮らし」を提案していきます。


※ 無孔透湿膜方式 当社がナノテクノロジーを取り入れて開発した形状記憶ポリマー技術を応用。分子構造の変化により水の分子を透過させる。
 
担当窓口 冷熱事業本部


以  上