ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2003年10月22日発行 第4169号

F-15J 近代化試改修1号機引き渡し
航空自衛隊飛行開発実験団へ

 三菱重工業は、21日 名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場において、F-15J近代化試改修1号機を航空自衛隊飛行開発実験団(岐阜県各務原市)に引き渡した。平成9年度より開始されたF-15J近代化試改修事業により改修された機体。

F-15J 近代化試改修1号機

 近代化試改修1号機は、レーダーおよびセントラル・コンピューターの換装とそれにともなう空調装置・発電機の換装を実施。さらに平成18年度に納入される試改修2号機には、1号機の仕様に加え、統合電子戦システムおよび戦術データ交換システムなどが搭載される計画。平成16年度からは量産改修に着手の予定。

 F-15J(単座)戦闘機は、F-15DJ(複座)戦闘機と合わせ当社が主契約者となり米国マクダネルダグラス社(現ボーイング社)からのライセンス生産により199機製造され、初号機納入は1981年(昭和56年)。
 
営業窓口 航空宇宙事業本部 防衛航空機部
製作事業所 名古屋航空宇宙システム製作所


以  上