ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2003年9月16日発行 第4157号

世界初 原子力発電所向け取替用加圧器を受注
米国オマハ電力から 上部原子炉容器も


 三菱重工業は、米国オマハ電力(社長 M.ピーターセン氏)から原子力発電設備に用いる加圧器※1と上部原子炉容器※2を受注した。いずれも取替え用であり、特に加圧器の取替えは世界初の工事で、同工事向けの加圧器を受注したもの。オマハ電力からは今年2月にも、当社米国向け初の取替用蒸気発生器を受注しており、重要機器の連続受注となる。
 上部原子炉容器は、昨年9月の米国向け初受注に続く受注である。

米国向け上部原子炉容器 出荷風景

 受注した機器は、米国ネブラスカ州オマハ市の北約30kmにあるフォートカルフーン原子力発電所向け。フォートカルフーンの原子力発電設備は1基で、出力49万2,000kW。1973年に営業運転を開始したプラントで、運転許可期限は2013年であるが、現在、米国原子力規制委員会に20年間の運転期間延長の許可申請中であり、これに備えて主要機器の取替えを実施する。今回の受注により、同発電所における原子炉一次系の主要機器の大半は当社製に入れ替わることになる。

 引き渡しは2006年の予定で、機器は現地発電所渡し。今回の契約に据付工事は含まない。

 製作する加圧器は、高さ8.5m、外径2.5m、重量は約60トン。上部原子炉容器は、高さ2.5m、外径4.3m、重量は約40トン。材質は共に低合金鋼製。

 今回の原子炉一次系主要機器の連続受注により、米国における拡販活動を更に加速していく方針。


  ※1.加圧器= 加圧水型原子炉の一次系を構成する機器の一つ。原子炉内の水が沸騰しないように水にかかる圧力を制御する装置。
  ※2.上部原子炉容器=原子炉容器の上蓋部分。

 
営業窓口 原子力事業本部 原子力部
製作事業所 神戸造船所


以  上