ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2003年7月30日発行 第4145号

商業衛星打上げサービスでの国際協業に合意
アリアンスペース、ボーイングと


 三菱重工業は、商業衛星の打上げサービスで、アリアンスペース社、ボーイング・ローンチ・サービス社と協業することで合意し、3社間の覚書を締結した。ロケット打上げサービスで主導的立場にある日米欧の3社が協力することを取り決めた覚書であり、この協業により世界中の商業衛星運用会社が求める希望どおりの時期の衛星打上げに柔軟な対応が可能となる。

 今回の協業は、メンバー3社のうち1社が保有するロケットが何らかの理由で打上げ困難となった場合に、他のメンバー会社がバックアップ打上げサービスを提供するため協力を行うというもの。3社の相互補完関係を整えることにより、顧客の望む時期に確実に衛星を打上げることができ、リスクが軽減できる。衛星打上げサービスにおいて、3社による国際間協業はこれまでに例がない。

 協業の対象となる打上げミッションは、静止軌道、静止トランスファー軌道および低軌道に打上げられる全ての商業衛星であり、アリアンスペース社のアリアン5、ボーイング・ローンチ・サービス社のシーロンチ、三菱重工業のH-IIAファミリーで対応する。

 ただし3社は今後も独自に受注活動を行い、各社が持つ独自のロケットやサービスを顧客に提案・販売していくことに変りはない。



担当窓口 航空宇宙事業本部 宇宙機器部


以  上