ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2003年7月23日発行 第4140号

エバーグリーンから大型コンテナ船10隻一括受注
エバーグリーン保有船で最大の積載数


 三菱重工業は、台湾のエバーグリーングループから大型コンテナ船10隻を一括受注、23日、建造契約を締結した。台北で行われた調印式にはエバーグリーングループから張榮發総裁、当社常務取締役 太田一紀船舶・海洋事業本部長が出席、契約を取り交わした。受注した船舶は、20フィートコンテナ換算で最大6,724個の搭載が可能で、エバーグリーングループで最大の積載コンテナ船となる。当社神戸造船所で建造、2005年8月から2007年10月にかけて約3カ月ピッチで引き渡していく予定。


エバーグリーン向け 大型コンテナ船

 当社は、1994年3月引き渡しの「EVER REWARD」から2003年1月引き渡しの「HATSU ETHIC」に至るまで、連続38隻の大型コンテナ船を同社から受注してきた実績を持つ。 これは同一船主からの受注としては前例のないことであり、長年にわたる同社との関係とこれまで引き渡した船舶の品質、性能が高く評価され今回の受注に結びついた。

 このコンテナ船はホールド※1間の壁を燃料タンクとして利用するバルクヘッドタンクを採用しているほか、燃料タンクも二重船殻構造とすることで、衝突時や座礁時の際に油の流出リスクを低減させるなど、環境に配慮した構造になっているところが最大の特長。

 主機関は馬力が大きい三菱スルザーディーゼル機関10RTA96C(54,900kW×100min-1※2)を採用、これによって航海速力も25.3ノットという高速化を実現した。

 荷役設備に関しては、背高ラッシングブリッジ※3を19基装備し、荷役効率および安全性の向上をはかった。加えて最近、冷凍コンテナの積載が増加する傾向にあることから、このシリーズでは冷凍コンテナ839ユニットの積載を可能にしている。

※1.ホールド
コンテナ(貨物)船倉。
※2.100min-1 rpm(revolutions per minute) と同じ意味で、毎分当りの回転数。
この場合は、1分間で100回転。
※3.ラッシングブリッジ デッキ上コンテナ固縛用専用構造物。

主要目

  全長 約299.99m
  垂線間長 285.00m
  幅(型) 42.80m
  深さ(型) 24.20m
  喫水(型) 14.20m
  積貨重量 約78,200トン
  総トン数 約74,700トン
  主機 三菱スルザーディーゼル10RTA96C×1基
  速力 約25.3ノット
  コンテナ搭載数:6,724個(20フィート換算)
  船級 LRS(Lloyd's Register of Shipping)or ABS(American Bureau of Shipping)

営業窓口 船舶・海洋営業第一部
製作事業所 神戸造船所


以  上