ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

平成15年6月3日
三菱重工業株式会社

協力会社の元従業員からの投書について(調査結果)


去る5月21日,当社は当社高砂製作所並びに神戸造船所の協力会社(以下A社)の元従業員から「A社で勤務していた時、高砂製作所から発注された原子力2次系ポンプ台板において,不適切な溶接施工を行った」との内容を記載した書状が届いた旨の報告をしました。

投書によると「不適切な溶接施工」として具体的な記述があり,これに該当する可能性がある関西電力株式会社大飯発電所3/4号機及び九州電力株式会社玄海原子力発電所3/4号機の,タービン動主給水ポンプ8台と,念のために類似の電動主給水ポンプ4台について,これまで調査・検査を実施してきました。

今回,対象となるポンプ台板の溶接部に対して,「溶接部寸法検査」「超音波を使った内部欠陥の検査」,さらに「溶接部のドリル穴あけによる成分分析等」を実施しました。
その結果、検査した12台全てのポンプ台板において投書にあるような「不適切な溶接施工」は確認されませんでした。

電力会社殿,地域の皆様にはご心配をかけましたが,当該ポンプ台板が健全であることを確認しました。


以  上