ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2003年3月4日発行 第4097号

業界トップの高COP(エネルギー消費効率)を達成!※1
セゾンインバータマルチ「ハイパーKX3」シリーズ新発売!
中部電力と共同開発


 三菱重工業は、中部電力(株)と共同で、業界トップの高COP※2を達成したビル用マルチエアコン セゾンインバータマルチ「ハイパーKX3」シリーズの開発に成功しました。
従来の「KX2」シリーズをフルモデルチェンジし、信頼性の向上に加え、省エネ性、施工性、サービス性全てにおいてメリットのあるモデルとなっており、一体形22.4kW(8馬力相当)、28.0kW(10馬力相当)2機種を4月から発売します。

セゾンインバータマルチ
 「ハイパーKX3」シリーズ
  (FDCP224HKX3)

 この「ハイパーKX3」シリーズは、圧縮機のDCインバータ化による高効率化や熱交 換器形状の見直しにより、従来比最大36%の効率アップを達成※3。これにより22.4kW (8馬力相当)で省エネ法2007年基準を大幅に上回る、業界トップの冷暖平均COP3.43 を達成しました。また28.0kW(10馬力相当)でも業界最高水準の冷暖平均COP3.26を 達成しております。
 また従来の斜め吹き形から上吹き形へ変更することによりデザイン一新を図りました。
 施工性・サービス性では、従来機に比べ抜きスペースを拡大することにより、後方から の配管接続が容易になり、連続設置性をさらに向上させました。また、7SEG機能の表 示項目拡充やトラブル原因の究明に役立つ運転データ保持機能、さらに冷媒回収作業を容 易にするポンプダウンスイッチの装備などサ―ビス機能を充実させています。
環境性では、木枠梱包架台の廃止により梱包の簡素化を図りました。
 当社は今後ますます増大するリニューアル需要を中心に積極的な営業展開を行い、初年 度10,000台の販売を見込んでいます。

製品の特長

(1) 業界トップの高COPを実現※4
圧縮機のDCインバータ制御、熱交換器の高性能化により、22.4kW(8馬力相当)で業界トップの冷暖平均COP 3.43を達成。
28.0kW(10馬力相当)でもCOP3.26を達成しており、いずれも省エネ法2007年基準COP3.07を大幅にクリアー、業界最高水準の高COPを達成しました。
   
(2) 上吹きモデルにデザイン一新
さらなる高効率化のため、従来の斜め吹きモデルから上吹きモデルに変更し熱交換器のレイアウトを改善しました。

従来機(KX2) 新型機(ハイパーKX3)
   
(3) 連続設置性の向上
ユニットの連続設置時の美観性を向上させるため、後ろ抜き配管の配管抜きスペースを拡大し、ユニット背面での配管接続を容易にしました。

冷媒配管
   
(4) 好評の7SEG表示機能を拡充
低圧圧力センサの追加により、表示項目が拡充。(低圧圧力、積算運転時間等)

   
(5) 最新30分間の各種運転データを保持
直前の運転データを記憶していることにより、万一のトラブルでも迅速な原因究明に役立ちます。また、試運転時のデータ収集にも利用できます。
   
(6) ポンプダウンスイッチの追加
室外基板上のポンプダウンスイッチにより、ポンプダウン運転を実施。圧縮機を保護しながらポンプダウン運転を自動的に終了させます。
   
(7) 梱包仕様の大幅な改善
従来からの木枠架台を廃止、ユニットベースと一体化させました。これにより梱包材の大幅な低減を図ることができました。


「ハイパーKX3」シリーズの主仕様、標準価格

相当馬力 室外機形式 冷房能力
(kW)
暖房能力
(kW)
冷暖平均COP 外形寸法
(H×W×D,mm)
標準価格
(税別,円)
8 FDCP224HKX3 22.4 25.0 3.43 1690X1350X720 2,040,000
10 FDCP280HKX3 28.0 31.5 3.26 1690X1350X720 2,210,000
COPは室内機を接続した場合の数値です。

※1 22.4kW(8馬力相当)の場合。
※2 22.4kW(8馬力相当)の場合。
※3 22.4kW(8馬力相当)の場合。
※4 22.4kW(8馬力相当)の場合。


営 業 窓 口 冷熱事業本部 空調輸冷営業部
製作事業所 冷熱事業本部


以  上