ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工ニュース
2002年4月12日発行 第3996号

MHAQ社工場増設および冷熱中期事業強化策の件


 三菱重工業は、エアコン需要の伸びが最も大きい中国市場における事業拡大を狙って、中国最大の家電メーカー海爾集団公司(ハイアール)との業務用エアコン製造合弁会社である三菱重工海爾(青島)空調機有限公司(MHAQ社=Mitsubishi Heavy Industries - Haier(Qingdao) Air-Conditioners Co., Ltd.)工場のII期工事を着工した。

 当社は、今後5~8%の成長が期待できる中国の業務用エアコン市場で事業拡大を図るべく、1993年にハイアールと設立したMHAQ社の生産能力拡大、生産性向上を図ると共に大型機、新製品の現地生産を行うべく新鋭工場の増設に着手した。
 工場増設と平行して、大型ビル用マルチ業務用エアコンを含む新製品の技術提携契約をMHAQ社との間で締結した。
 新鋭工場建設、技術提携範囲拡大によりMHAQ社の生産力、技術力を強化し、ハイアールの強力な販売網を活用して、中国市場向け業務用エアコン事業を伸ばしていく。

 今後、中国、欧州、東南アジア、北米を重点に、現地での商品開発、資材調達、生産、営業、サービス等、多機能海外拠点を確立し、海外事業拡大を図っていく。

 世界の空調市場は、地球環境保護および省エネ指向、多機能高級機と基本機能低価格機の2極化傾向に向かうと共に、中国、韓国メーカーの進出で一層の競争激化が予想される。当社としては冷熱事業強化のために、国内外の生産のすみ分けによる効率的な生産体制の実現、開発・設計体制の強化で人・地球環境にやさしい空調機器の開発加速、サービスフロントセンターの充実による365日・24時間サービス体制の実現を目指すと共に、サプライチェーンマネージメントの導入による物流費の削減、販売体制の見直し等、スリムな事業体質を確立し、製品競争力の強化と収益力の回復を図る。


担当窓口 冷熱事業本部

以  上