ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

 


三菱重工ニュース
2002年2月22日発行 第3982号

神戸造船所の船舶修繕事業を見直し
鯛尾工場の修繕船業務を集約


 三菱重工業は、広島県安芸郡の鯛尾(たいび)工場(広島県安芸郡坂町横浜西2-4-32)で行っている修繕船業務を2002年10月1日付けで神戸造船所に集約することとした。
 鯛尾工場で働く30人の従業員は、全員神戸造船所本工場(神戸市)で受け入れる。

 鯛尾工場は昭和26(1951)年に広島造船所の造船工場として操業を開始、瀬戸内海航路という地の利を生かして修繕、改造工事を行ってきた。
 平成元(1989)年4月、当工場は神戸造船所の管轄となり、修繕船を中心に業務を継続してきた。

 今回の集約は当社の船舶修繕体制の見直しの中で検討してきたもので、業務の効率化と体制強化を図るため実施に移すことにした。

 跡地の利用については今後検討する。



以  上