ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。

 


三菱重工ニュース
2001年10月25日発行 第3953号

新冷媒採用高効率 ピークカット型エコアイスを発売
~新冷媒を採用し、エネルギー効率を38%向上~


 三菱重工業は、中部電力(株)、東京電力(株)、関西電力(株)と共同で新冷媒採用高効率ピークカット型エコアイス「HiCoPアイス90」シリーズの開発に成功し、平成14年2月より発売します。

 安い深夜電力で氷やお湯をつくり、昼間の空調にご利用いただくのがエコアイスです。
今回、より電気料金を安くしたい、環境にやさしい機器を使いたいとのお客さまの声にお応えし、新冷媒採用ピークカット型エコアイスを開発しました。
 このピークカット型でオゾン層を破壊しない新冷媒HFC407Cを初めて採用し、かつ、従来機に比べ冷房時のエネルギー効率を38%向上させました。
 なお、ピーク時間帯(夏季の13時~16時)の消費電力を、従来型の非蓄熱エアコンに比べ90%カットすることがピークカット型の特徴です。

1  電気料金が安い!
基本料金の低減と、割引制度である「蓄熱空調ピーク時間調整契約※1」のメリットを最大限活用できることがピークカット型エコアイスの特徴です。
今回、さらに高効率化を実現したことにより、年間を通じた電気料金は、従来型の非蓄熱エアコンに比べ約半額、従来機(従来のピークカット型エコアイス)に比べ約85%になります。
2  環境にやさしい!
(1) 新冷媒の採用
オゾン層を破壊しない新冷媒(HFC407C)を採用しました。
(2) 高いエネルギー効率
製氷・解氷の改善と室外機・室内機の空気熱交換器の性能向上により、従来機より38%高い冷房効率を実現しました。
また、従来型の非蓄熱エアコンより約1割以上高い冷房効率2.2(日量蓄熱利用冷房効率※2)を達成しました。この方式では業界トップクラスです。
(3) 低騒音仕様の室外機
蓄熱運転時のファン制御の改良により、従来機に比べ約6dB(A)の低騒音化を実現しました。

※1) 蓄熱空調ピーク時間調整契約:電力使用のピークである7/1~9/30の13時~16時の間に、熱源機等の使用を抑える等の契約をしていただくことで、抑える時間に応じてさらに電気料金を割り引く制度(当社の場合であり電力会社によって相違します)
※2) 日量蓄熱利用冷房効率:空調能力積算値を消費電力量(蓄熱時+空調時)で除した値。値が大きいほど省エネ性が高いことを示します



新冷媒採用高効率ピークカット型エコアイスの概要

開発体制
  三菱重工業株式会社
 社長:西岡 喬
 住所:東京都千代田区丸の内二丁目5番1号

中部電力株式会社
 社長:川口 文夫氏
 住所:名古屋市東区東新町1番地  

東京電力株式会社
 社長:南 直哉氏
 住所:東京都千代田区内幸町1丁目1番3号

関西電力株式会社
 社長:藤 洋作氏
 住所:大阪市北区中之島3丁目3番22号

商品性能値
 
項   目 13馬力 16馬力
冷房 冷房能力(kW)(昼間35℃) 35.5 45
ピークシフト率
ピークカット率
35%
90%
冷房効率(昼間35℃) 2.36 2.20
蓄熱効率(夜間25℃) 2.6 2.5
暖房 暖房能力(kW)(通常モード、昼間7℃) 31.5 40
暖房能力(kW)(アップモード、昼間7℃) 40 50
暖房効率(昼間7℃) 2.67 2.60
注: 冷房効率は、日量蓄熱利用冷房効率にて表示した。
暖房効率は、通常モードの値とした。
アップモードは、暖房の立ち上げ時に有効である。

3 冷房運転パターン
 
4 料金比較
 

冷房
(千円/年)
暖房
(千円/年)
合計
(千円/年)
開発機(ピークカット型エコアイス) 125 169 294(52%)
従来機(ピークカット型エコアイス) 144 201 345(61%)
従来型非蓄熱機 312 254 566(100%)
*中部電力・業務用蓄熱調整契約、蓄熱空調ピーク時間調整契約に基づき算定
*機種は13馬力とした。


5 機器シリーズと価格
 
馬力 蓄熱槽 室外機 価格(千円)税抜
13 ISUP355HC1 FDCP280HKXIC1 4,930
16 ISUP450HC1 FDCP355HKXIC1 5,980


商品の外観


担当窓口 冷熱事業本部 パッケージエアコン営業部

以  上