ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


三菱重工ニュース
2001年7月27日発行 第3935号

ガスヒ-トポンプエアコン初
「大型床置60馬力ダクトタイプ室内機」を開発
東邦ガス株式会社と共同で


 三菱重工業は、東邦ガス株式会社と共同で、ガスヒ-トポンプエアコン(以下、GHP)で初めて「大型床置60馬力ダクトタイプ室内機」を開発した。開発したのは60馬力相当(160kw)のダクトタイプ室内機1機種で、昨年3月に発売開始したGHP「ECO-4」(エコフォー)シリーズの室外機(20馬力)3台を接続して使用するもの。平成13年10月から発売を開始する。

 今回開発した室内機は、パチンコ店、シネマコンプレックス等の娯楽施設や大型店舗等に現在納入されている大型の空調設備の入れ替えや新設に対応したもので、既設のダクト設備を利用してGHPを設置できる。また、空調能力に応じた台数制御運転や室外機の運転時間を均一化するローテーション運転、さらに除湿運転に至るまでユーザーの使い勝手を考慮した設計となっている。


主な特徴は
1. 「大型床置60馬力ダクトタイプ室内機」に接続された3台の室外機(20馬 力)を台数制御することにより、室内側の要求負荷に応じた能力制御が可能と なり、また3台がローテーション運転をするためシステムとして耐久性を高め ることが可能
2. 冷却除湿した空気を、冷媒により再熱するため、経済的で温度変化の少ない状 態で除湿空気を送ることが可能。
3. オプションの電気集塵器と組み合わせ、たばこの煙などを浄化することが可能
4. 従来のGHP床置室内機による60馬力相当の場合、20馬力+40馬力の2 台設置が必要だったが、今回、60馬力1台で済むため約16%の設置面積の 節約が可能。


 標準価格は604万円(税別)で、年間100台の販売を目論む。当社はこれをGHPの戦略商品として位置づけ、市場の拡大に取り組むこととしており、「ECO-4」シリーズの一環として商品説明会、引合いキャンペーンの実施等、積極的な営業展開を図っていく。

<仕様>

名 称

三菱重工GHP用室内機

型 式

GHFJ1600HTMD

電 源

3相 200V(50/60Hz)

外形寸法

高さ[mm]

1,956

幅 [mm]

2,656

奥行[mm]

1,383

製品質量[kg]

930

能 力

冷房[kW]

160

暖房[kW]

200

空気熱交換器

形式

プレートフィンチューブ

風量[m3/min]

540/540

電動機出力[kW]

11(4極)

機外静圧[Pa]

120/340

空気吹出し口

上面(ダクト接続)

冷 媒

R22

配管関係

液管[mm]

φ19.05×3系統(ロー付け接続)

ガス管[mm]

φ38.1 ×3系統(ロー付け接続)

配管取出し方向

右側

ドレン

32A(R1 1/4オネジ)

接続室外機

GHP 56kW×3台

オプション

電気集塵器、加湿器

設置イメージ(除湿運転時)



担当窓口:冷熱事業本部 パッケージエアコン営業部

 

以  上