ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


三菱重工ニュース
2000年12月27日発行 第3895号

ISO14001の認証取得 全生産拠点で取得達成


 三菱重工業は、工作機械を生産する工作機械事業部の本工場(滋賀県栗太郡)と広島工場(広島市安佐南区)の2工場で環境管理の国際規格である「ISO14001」の認証を取得した。当社は平成9年、ISO14001に関し全生産拠点の認証取得計画を策定、これまでに工作機械部門以外の認証の取得を済ませており、これで13のすべての生産拠点が認証の取得を果たしたことになる。

 今回認証取得した工作機械事業部は今年4月、事業部内に「環境・施設グループ」を発足させ、研修など社内教育を実施、予定通り8ヶ月で認証取得に至ったもの。
 工作機械、精密切削工具の開発、設計、製造とサービス、それにエンジンバルブ、歯車部品の製造が2工場の認証範囲。認証機関は(財)日本品質保証機構。

 当社は平成9年、本社総務部、技術管理部に長崎造船所、横浜製作所など主要5事業所が加わって「ISO14001認証取得部会」を設置、全社方針として3年間で全生産拠点での取得に向けて活動を開始した。

 その結果、平成9年の横浜製作所を皮切りに10年には長崎造船所など3ヶ所が、11年には下関造船所など5ヶ所がそれぞれ認証を受けた。
 そして12年には、今回の工作機械事業部を含めて神戸造船所など4ヶ所が取得、3年で全生産拠点取得という所期の目的を達成することになった。

 21世紀は、これまで以上に環境への配慮が求められることから、全社環境委員会を中心として環境管理に新たな目標を設定、取り組んでいく考えである。



営 業 窓 口 : 総務広報部環境グループ

 

以  上