ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


三菱重工ニュース
2000年12月7日発行 第3886号

EADS Airbus独(旧DASA)と合意
A330/340用アフター・カーゴ・ドアの製造下請で


 三菱重工業は、EADS Airbus独(旧DASA)向けエアバスA330/340用アフター・カーゴ・ドアの製造下請につき合意に達した。

 A330/340は、EADSおよびイギリスのBAE SYSTEMSとで構成されるエアバス社の250~380人乗り旅客機で、今回合意に達したのは、胴体後部の貨物用ドア。
EADSは今年7月、ドイツのDASA、フランスのアエロスパシアル、それにスペインのCASAの3社が合併して誕生した企業。

 当社にとっては昨年3月、イギリスのBAE SYSTEMSと契約したA319/320用シュラウド・ボックスに続くエアバス社とのプログラムとなる。アフター・カーゴ・ドアの第1号製品は平成14年5月に納入の予定である。


A330/340用アフター・カーゴ・ドア



営 業 窓 口 : 民間航空機部
製作事業所 : 名古屋航空宇宙システム製作所

 

以  上