ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


三菱重工ニュース
2000年6月30日発行 第3849号

米国関連会社2社を統合
工作機械と紙工機械


 三菱重工業は、米国関連会社「MHI MACHINE TOOL U.S.A」(MMT)と「MHI Corrugating Machinery Company」(MCMC)の2社を7月1日付けでアメリカの現地法人Mitsubishi Heavy Industries America Inc.(MHIA)に統合する。MMTはMHIAの「工作機械事業部」として、MCMCは同じく「紙工機械事業部」としてそれぞれ業務を継続する。

 新たに発足する工作機械事業部は、現在のMMT本社(イリノイ州アディソン)を本拠地とし、事業部長には現MMT社長の河野民雄が就任する。

 一方の紙工機械事業部は、現在のMCMC本社(メリーランド州ハントバレー)を拠点とし、事業部長には現MCMC副社長の野村英邦が就任する。
 
 両事業部とも、北米における拡販とサービス力向上に注力し、顧客ニーズの的確な把握による満足度の向上を目指すと共に、新たな市場開拓に努め、更なる事業拡大を図っていく。




担当窓口 :社長室国際部

 

以  上