ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
ページの本文です。


三菱重工ニュース
2000年6月14日発行 第3844号

エアコンにもIT革命の波
世界初 インターネット対応のエアコンを開発
ビーバー 『e-@ir』


 三菱重工業は、各分野でIT(情報技術)革命が進む中、世界で初めてインターネットメ-ルを利用して外出先からエアコンを操作する新しい制御システムとインターネットエアコンの開発に成功しました。iモードなどインターネット対応の携帯電話から自宅のパソコンにメ-ルを送り、エアコンのスイッチオン・オフから温度、風量等の運転モ-ドを室内にいる時と同じように設定することができます。今後、急速に実用化されるとみられる家庭電化製品のIT革命を先取りしたもので、この秋にはインターネットで操作するルームエアコンを市場に投入する考えです。

 開発した制御システムの名称は「e-@ir」(イーエア)。パソコンとエアコンを接続し、パソコンには別売のCD-ROMでエアコンの操作ソフトをインストールして、携帯電話から暗証番号付き運転メ-ルを送信することにより操作可能となる仕組みです。

 CD-ROMにはプログラムのほか各種の運転データや消費電力量・電気代などの表示ソフトも組み込まれており、運転状況など様々な情報を、パソコン画面やeメ-ル携帯電話の液晶画面でみることができます。
 
 外出先からエアコンの運転がコントロールできるようになると、夏は室内の"熱気こもり"などの現象を防ぐことができ、帰宅と同時に夏は涼しく冬は暖房の効いた暖かい部屋でくつろぐことができます。

 とくにビジネスや旅行などで長期間家を空ける場合、この制御システムによって定期的に除湿や換気運転を行って、ダニ・カビの発生を抑えることが可能です。また、シックハウス症候群の原因と言われるホルムアルデヒド等の有害なガス類を部屋の外へ排出するので、お部屋を清潔に管理することが可能です。もちろん外出時のエアコン消し忘れなどにも簡単に対応できます。

 インターネットのできる携帯電話は、早くも国内で1000万台を超えており、爆発的に増加しております。こうした中で家電製品もITの導入が進んでいくとみられ、家電IT革命に備えて当社はいち早くこの対応に取り組んできました。

 当社ではこの制御システムを"ビーバーエアコンのIT革命"と銘打ち、これを組み込んだインターネットエアコン、"ビーバー「e-@ir」"を、この秋に商品化します。



営業窓口:冷熱事業本部ルームエアコン総括部管理課商品企画チーム

 

以  上