ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME病院概要病院指標

病院指標

平成27年度 三菱神戸病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省) 新しいウィンドウが開きます

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 60 73 73 235 393 1079 1655 1342 241

平成27年度(平成27年4月~平成28年3月)に当院を退院した患者を年齢階級別に集計しました。年齢は入院時点とし、複数回入退院を繰り返した方については、1入院を1人として集計しています。
当院を利用している患者は70歳代が一番多く、入院患者全体の約3割を占めています。また、70歳以上の患者の割合が入院患者全体の約6割を占め、地域社会の高齢化を反映しています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 96 18.57 14.34 3.13 74.52  
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 91 3.49 2.76 0.00 64.59  
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 73 2.95 7.78 0.00 67.33  

最も多い症例は、肺炎を中心とした呼吸器感染症です。
次に大腸ポリープの短期入院や消化器疾患全般の入院にも対応しています。
また、心不全や冠動脈疾患も多く診ており生活習慣病の予防にもチーム医療で臨んでいます。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110050xx97x0xx 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2なし 77 6.49 16.54 5.19 65.52  
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 19 2.95 2.76 0.00 66.58  
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 9.00 7.84 7.14 62.57  

最も多い症例は、癌性腹膜炎です。難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART療法)を目的とした入院となっています。
2番目に多い症例は、大腸ポリープで、ポリープ切除術の入院です。
3番目に多い症例は、胆のう炎です。
腹腔鏡下手術を積極的に行っています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 30 5.03 11.98 0.00 45.27  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 27 39.22 28.70 18.52 80.96  
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 22 13.50 22.19 0.00 58.18  

最も多い症例は、肘、膝の外傷、2番目は大腿近位骨折となっています。
肘、膝の外傷では、スポーツ外傷が多いため、平均年齢、平均在院日数共に低くなっています。
大腿近位骨折では、高齢者が多く平均在院日数が長くなっています。
当院整形外科では、手の神経、腱の断裂、指の切断などの外傷の他、手根管症候群、肘部管症候群などの末梢神経障害に対する治療も多く行っています。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 4.80 5.86 0.00 33.50  
070071xx97xx0x 骨髄炎(上肢以外) 手術あり 副傷病なし - - 33.72 - -  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -  

最も多い症例は、褥瘡・難治性潰瘍等の慢性炎症性疾患の管理を含めた入院です。(上位2、3番)
2番目は外傷の入院です。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり 1104 2.03 2.53 0.00 75.13  
020200xx99x3xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等23あり 182 2.00 2.07 0.00 80.09  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 58 16.28 7.99 0.00 70.95  

症例全てが黄斑部疾患に対する、硝子体内注射の入院が最も多くなっています。
2番目に多いのが、白内障手術の短期入院ですが、DPC対象症例ではないため、上記の表には出ていません。
当院眼科では、黄斑部疾患以外にも、網膜剥離等の網膜硝子体疾患の治療も多く行っています。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2なし - - 43.88 - -  
03001xxx99x0xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - - 14.16 - -  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.31 - -  

当院耳鼻咽喉科では、嚥下障害の治療を積極的に行っているため、誤嚥性肺炎が最も多くなっています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 7.59 - -  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 10.25 - -  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし - - 8.55 - -  

最も多い症例は、膀胱腫瘍、前立腺肥大症です。
当院泌尿器科では、膀胱腫瘍や前立腺肥大症、尿路感染症等、泌尿器科疾患全般を診療しています。
また、DPC症例ではないため上記の表には出ていませんが、前立腺癌の診断のための検査入院(前立腺生検)
も多くなっています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 43.28 13.64 0.00 74.11  
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし - - 2.76 - -  
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし - - 2.93 - -  

慢性腎不全、慢性腎炎症候群を中心に診療を行っており、腎不全に対する血液浄化療法、各種疾患に対してアフェレーシス治療にも対応しています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類基準 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -

(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 17 12.94 53.06
重症度 1 36 15.11 78.03
重症度 2 20 29.90 82.75
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名は肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、かつ市中肺炎(入院後発症の肺炎を除く)の患者が対象となります。
日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドライン、肺炎重傷度分類の定義に基づき、入院時の状態で重傷度を決定し、重傷度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
重症度が高くなるほど平均在院日数が長くなると共に、平均年齢が高くなっていることが分かります。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

当院では脳梗塞症例を脳外科専門病院へ紹介しています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2cm未満 111 2.31 1.99 0.00 66.05  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 89 1.93 2.22 0.00 62.99  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 25 1.48 2.56 0.00 74.80  

最も多いのは内視鏡的大腸・結腸ポリープ切除術です。原則、短期入院で安全に行っています。
狭心症を疑う時には、冠動脈CT、MRIなど非侵襲的検査を行うと共に、症例によっては冠動脈造影、
冠動脈ステント留置等インターベンションを施行しております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 72 1.58 2.26 4.17 65.56  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.15 3.67 0.00 67.64  
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 20 1.00 1.00 0.00 67.40  

最も多いのは、癌性腹膜炎に対する腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART療法)となっています。
癌性腹膜炎だけでなく、肝硬変に伴う難治性腹水にも導入し実施しています。
2番目に多いのは、鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡手術です。
3番目に多いのは、大腸ポリープ対するポリープ切除術となっています。
当院外科では、胃癌、大腸癌、鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡手術を積極的に行っています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 28 7.86 29.04 17.86 75.04  
K0821 人工関節置換術(肩)(股)(膝) 25 1.12 32.96 0.00 74.88  
K0462 骨折観血的手術(前腕)(手舟状骨) 16 1.06 9.38 0.00 60.69  

最も多いのは、大腿近位骨折に対する骨折観血的手術(大腿)で、2番目は変形性膝関節症に対する人工関節置換術(膝)、3番目は橈骨遠位端骨折に対する骨折観血的手術(前腕)です。
当院整形外科では、骨折、脱臼等の外傷性疾患や、変形性関節症、関節リウマチ等の関節疾患に対する手術や、手の神経、腱の断裂、指の切断、手根管症候群、肘部管症候群などの末梢神経障害に対する手術も多く行っています。 さらに肩の腱板損傷、インピンジメント症候群や難治性のいわゆる五十肩等の疾患にも関節鏡視下手術を導入しています。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿) - - - - -  
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -  

最も多いのは、腫瘍に対する手術(再建も含む)です。
2番目は骨髄炎、難治性潰瘍に対するデブリードマン手術になっています。
当院形成外科では、顔面骨折に対する手術も多く行っています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 860 0.95 2.38 0.00 74.28  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 105 1.03 14.70 0.00 68.19  
K2683 緑内障手術(濾過手術) 30 1.47 14.70 0.00 70.37  

最も多いのは、白内障に対する水晶体再建術です。
2番目は、網膜剥離等に対する硝子体茎顕微鏡下離断術で、3番目は、緑内障手術となっています。
時代の流れに伴い、硝子体手術が減少し、硝子体内注射が増加してきており、患者の負担が少なくなっています。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -  
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) - - - - -  
K537-2 腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア手術 - - - - -  

消化器内科、外科等他科と連携し、それぞれの臨床科の誤嚥性肺炎に対し嚥下障害の治療に関わっています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -  
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) - - - - -  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -  

最も多いのは、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。
2番目は、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術となっています。
当院泌尿器科では経尿道的手術を中心に行っています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 - - - - -  
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) - - - - -  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  

シャント診察を行っており、治療が必要な場合は、バルーンカテーテルによるシャントPTA治療(VAIVT)、シャント増設術を行っています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 15 0.29
異なる 14 0.27
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.37
異なる - -

当院においては発生率が低く抑えられています。
(注)「-」の表示は患者数が10人未満症例

更新履歴

2016年9月23日
「病院指標」作成
ページのトップへ戻る