RUGBY'S RULE

用語解説
アドバンテージ 競技中に反則があっても反則しなかった側が利益を得た場合にレフリーが笛を吹かずにプレーを続けること。
アーリータックル 相手側選手がまだボールを受けてないのにタックルすること。PK(ペナルティキック)が与えられる。
インゴール ゴールラインデッドボールライン・タッチインゴールラインに囲まれた地域。トライする地域。
オーバーザトップ タックルの後やラックなどで相手側に倒れこんでボールが出るのを妨害すること。相手側のPKとなる。
オフサイド オフサイドライン(通常ボールの位置)より前方にプレーヤーがいることで、オフサイドの位置でプレーすると反則になり、相手側のPKとなる。
オブストラクション 相手がタックルしようとする前に立って邪魔をする等のプレー。相手側のPKとなる。
キックオフ 前後半の開始時にハーフウェイラインの中央から行うキックのこと。試合開始時刻のこともいう。
キャリーバック 見方がインゴールに入れたボールを地面につけるか外に出した場合、スクラムとなる。
コラプシング スクラムを故意に崩したりすること。相手側のFK(フリーキック)となる。
ゴールキック ゴールを狙うキック。トライの後ゴールキックと、ペナルティで狙うゴールキックの総称。
コンバート トライの後のゴールに成功すること。
スクラム 両チームのフォワードがボールを足でかき取るために、レフリーの命じた時点で組み合うこと。
スローフォワード 持っているボールを前方に投げること。その時点で相手側ボールのスクラムになる。
セービング 地上に転がっているボールに身を挺して飛び込んで確保するプレー。
ダイレクトタッチ 自陣22mライン前方からのキックが直接(ノーバウンドで)タッチへ出ること。キックした時点と平行の位置へもどってのラインアウトになる。ペナルティキックの場合はボールがタッチラインを越した時点でラインアウトとなる。
タッチ ボールまたはボールを持った選手がタッチラインの外に出ること。
10メートルライン ハーフウェイラインから10mに引かれている点線。キックオフは相手が先にプレーした場合を除きこの点線まで届かなければならない。
レイトタックル パスまたはキックをし終わったプレーヤーに故意にタックルすること。危険なため特に罰が重く、キックしたボールが落ちた地点までポイントを進めてペナルティキックとなる。
トライ 相手チームのインゴールにボールを持ち込んで地面につけるか、インゴールに転がったボールを押さえ込むこと。5点となる。
ドロップアウト 相手側がインゴールに入れたボールを地面につけるか外に出した場合、22mラインでドロップキックで競技を再開。
ドロップキック ボールを地上に落として、はね返る瞬間にけるキックのこと。
ドロップゴール ゲーム中にドロップキックで相手のゴールを狙い、成功した場合で3点となる。
ノックオン ボールを前に落とすこと。その時点で相手側のボールのスクラム。
ノットストレート 真っ直ぐでないこと。スクラムへの投げ入れの時はフリーキック。ラインアウトへの投げ入れのときは、相手ボールでタッチから15mの所でスクラム。
ノットリリースボール タックルされたプレーヤーがボールを離さずに抱えたままでいること。相手側にPKが与えられる。
ハイパント 味方のフォワードが突進して、ボールの落下点に間に合うように高くボールをけること。
パント ボールを落として地面に着く前にけるキック。
ピックアップ スクラムまたはラックの中のボールを手で拾い上げること。相手側のPKとなる。
フェアキャッチ 自陣ゴール前22mライン内で、相手がキックしたボールを、地面に着く前にダイレクトでキャッチし、「マーク」と呼べば認められ、フリーキックが得られる。
フットアップ スクラムに投げ入れられたボールが地面に着く前にフッカーが足をあげてボールをかこうとすること。相手側のフリーキックとなる。
フリーキック フェアキャッチが認められた場合と、反則に対して与えられるキック。前者はフェアキャッチしたプレーヤーがけらなければならないが、後者は誰がけってもよい。また、後者はキックするプレーヤーが直接ゴールを狙うことは許されない。
ペナルティキック 反則に対し、罰として相手側に与えられるキックで、キックする者が直接ゴールを狙える。入れば3点となる。
モール ボールを奪い合うためボールを持ったプレーヤーを中心に双方一人以上のプレーヤーが体を密着させてできるかたまり。
ラインアウト ボールがタッチに(サイドラインを)出た場合、ゲーム再開のためタッチからボールを投げ入れるのを待ち受ける双方の選手の列。
ラック 地上にあるボールをはさんで、双方一人以上のプレーヤーが立ったままで体を密着させている状態。