NEWS

ダイナボアーズが毎年のように合宿を行っている北見市休養村センターには、ダイナボアーズが合宿に訪れると必ず出没する熊がいる。
その熊は毎年のようにダイナボアーズの何かを狙い、何かを見守っている。
昨年度はボス熊を筆頭に3匹の熊たちが姿を現しては、何をしたいのか誰も理解できないまま、森の中へと帰っていった。
とにかく3匹の熊たちは仲が良かった。




しかし・・・



今季の熊たちに異変がおきた。


ボス熊しかいないのだ。

昨年度までいた弟子熊の姿がないのだ。



とにかく寂しさだけが伝わってくる。
なぜボス熊だけなのか。
仲間割れでもあったのだろうか。
これが自然界の厳しさなのか。


ついにボス熊も寂しさのあまり森へと消えていくかに思われた時のこと



おや・・・

なんと
新たな熊が現れたのである。


これはリアル熊なのか?
目を疑ってしまう程だ。


徐々に間を詰めるボス熊。
距離感が絶妙だ。



お互いを認め合うのに、時間はかからなかった。
本物だからこそわかる匂いがあるのだろう。

本物だからこそ縄張り争いすら超越していくのだろう。





何を狙い、何を求め、何を見守るのか。



未だに理解できる者はだれもいない。。。









つづく



PICTURE(S)

↑ページの先頭へ戻る