DYNA BLOG

ラグビーという激しいコンタクトスポーツを行う上で、ケガはつきものです。

だからこそ、ラガーマンたちは大ケガをしないカラダ作りをしています。

トレーニングはもちろん、食事にも気を使っています。

 

それでも避けられないケガ・・・

 

自分はラグビーというスポーツに携わるようになってから、少々ケガに対する感覚が変わってきた気がします。

 

試合中、よく見る光景に「カット」と呼ばれるケガがあります。

その名の通り、切り傷(頭や顔面が多い)による出血です。

ラグビーでは出血については、一時交代が認められ15分間の治療時間が与えられます。

この15分以内に止血治療を行い、またグラウンドへと飛び出していくわけです。

 

普通、顔を3㎝以上縫うようなケガをした場合、これは大怪我だと思いませんか??

ラグビー界ではそんなに大事ではありません。

むしろ選手たちは、早くグラウンドに戻りたくて縫合中もウズウズしています。

見ている側からすれば「イヤイヤ、これは痛いだろ~。」

ですが、、、

今まで「痛い」と弱気になっている選手を見たことがありません。

そして翌日からケロッとした顔で練習に参加しています。

 

そんなラグビー選手の家族もちょっと感覚が違います。

親「ウチの息子はどんなケガだった?」

私「まぶたを3㎝程度切りました。」

親「なら大丈夫だ。またよろしくね~!!」

 

 

ラグビーおそるべし!!!!!

PICTURE(S)

CALENDAR

2018年07月
sunmontuewedthufrisat
1234567
8910111214
15161718192021
22232425262728
293031 

LATEST ENTRIES

コータロー主務日記144 2018.07.13
コータロー主務日記144
コータロー主務日記143 2018.06.22
コータロー主務日記143
コータロー主務日記142 2018.06.13
コータロー主務日記142
コータロー主務日記141 2018.06.06
コータロー主務日記141
コータロー主務日記140 2018.05.31
コータロー主務日記140

↑ページの先頭へ戻る