ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

  • テクノワールドトップ
  • キッズランドトップ
エコテク!熱活用
  • なぜ・なに・どうして?
    • 熱ってなんだろう?
    • 熱を活用するって?
      • 移動する熱
      • 圧縮・膨張による温度変化
      • 熱を上手にやりとりするには
      • エアコンのからくり
      • ヒートポンプがエコなワケ
  • もっとしりたい

圧縮・膨張による温度変化

画像:ピストンを動かすと、分子の動きはどうなるだろう?

では、圧縮(あっしゅく)・膨張(ぼうちょう)による温度変化について見てみよう。外からの熱の影響(えいきょう)がない状態(じょうたい)(外と熱のやり取りがない状態(じょうたい))で、ピストンとシリンダーに囲まれた中の空気を押(お)しつぶして見ると…。分子どうしが激(はげ)しく動きまわって熱エネルギーが大きくなり、温度が上がるんだよ。逆(ぎゃく)にシリンダーを引(ひ)っ張(ぱ)って空気を膨張(ぼうちょう)させると、分子の動きは遅(おそ)くなって熱エネルギーは小さくなり、温度が下がる。

圧縮・膨張による温度変化の身近な例

画像:温度変化の身近な例(自転車の空気入れ/圧縮)、(ヘアスプレー/膨張)

「圧縮(あっしゅく)」による熱の変化の身近な例としては、空気入れで自転車のタイヤに空気を入れる例があげられるよ。空気を押し込み(おしこみ)続けると、空気入れの中やタイヤの中の空気が熱をもち、筒(つつ)もタイヤも少し熱くなってくるんだよ。
また、「膨張(ぼうちょう)」による熱の変化の例としては、スプレー缶(かん)などがあるよ。ガスを噴射(ふんしゃ)し続けると、缶(かん)の中に押(お)し込(こ)められていたガスが減(へ)って圧力(あつりょく)が下がり、その分ガスが膨張(ぼうちょう)して温度が低くなるんだ。缶(かん)自体も冷たくなってくるのがわかるよ。