ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

トップ > 知る エネルギー•環境問題 > エネルギーの歴史 > これからの未来に向けて > 次世代エネルギーインフラ(スマートコミュニティ)とは?

次世代エネルギーインフラ(スマートコミュニティ)とは?

エネルギーを安定供給していくために、また、低炭素社会を実現するためには、エネルギー輸入依存率を下げることが重要です。
そこで重要となってくるのが「電気」です。「電気」は、太陽光や風力などの国産の再生可能エネルギーから発電することができ、化石燃料の価格変動の影響を受けにくくなるなどのメリットを持っています。
「電気」を中心とした社会を作り上げていく中で、エネルギー自給率を向上させ、それを有効活用するという生活スタイルに変えていくことができます。その基盤となるのが、“スマートコミュニティ”という社会システムです。
電気エネルギー源の特徴•魅力を紹介するとともに、それを有効活用していく“スマートコミュニティ”という考え方、またスマートコミュニティ実現に向けた世界での取り組みをご紹介します。

電気エネルギー源の特徴•魅力

低炭素社会を実現するために不可欠な電気エネルギーの特徴や魅力をご紹介します。

エネルギーは自給率向上とさらなる有効活用の時代へ

低炭素社会を実現するために、再生可能エネルギーを有効活用していくことが必要になります。その基盤となるインフラである“スマートコミュニティ”という考え方をご紹介します。

次世代エネルギーインフラで作る未来

私たちの街のこれからの未来像を垣間見ることができます。
再生可能エネルギーを主軸とした “スマートコミュニティ”の実現に向けた世界各地での取り組みをご紹介します。