ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ


これからの未来に向けて

エネルギー•環境問題を解決するための、いくつかの方法やその先にある未来像をご紹介します。
温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの利用は、エネルギーの輸入依存率を下げることに加え、環境にやさしいという特徴を持つため、その導入促進は重要なテーマです。
また、既存の原子力発電の稼動率向上、火力発電の高効率化で、温室効果ガスを削減することができます。
そして「電化促進」も、エネルギー•環境問題を解決する重要なキーワードです。電気を有効活用し、効率的に使用するための社会システムの構築を進めることで、より環境にやさしい未来像が見えてくるはずです。
さらに、これからは経済成長の主軸となっていく可能性を秘めているエネルギー•環境分野が、どのように経済に貢献するのかについてもご紹介していきます。

再生可能エネルギーの活用

低炭素社会の実現を目指すためには、温室効果ガスを排出せず環境に与える影響も小さい再生可能エネルギーの活用が期待されています。その再生可能エネルギーの種類や仕組み、課題などをご紹介します。

化石燃料利用の効率化

温室効果ガスの低減や、世界で増加が予測されているエネルギー需要に応えるための、化石燃料利用による火力発電の高効率化を図る技術や、CO2(二酸化炭素)を回収する装置などをご紹介します。

次世代エネルギーインフラ
(スマートコミュニティ)とは?

効率が良く、CO2の排出量も少ないエネルギーである電気を主軸とし、エネルギー自給率を向上させ、有効活用するための新しいインフラである“スマートコミュニティ”についてご紹介します。

エネルギー•環境分野を軸とした
経済成長

日本経済が今後も成長を持続していく基盤として、エネルギー•環境分野での事業に期待が寄せられています。環境分野での新規雇用の創出や、社会システムの輸出といった、経済の活性化への展望をご紹介します。