ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOMECSRへの取り組み社会社会貢献活動パフォーマンスデータ

パフォーマンスデータ

社会貢献活動の方針と重点分野

重点分野(1) 次世代育成:
 事業との関連性 科学技術を成長の源泉とする当社において、子どもたちの理科に対する関心・理解力低下、理科離れは当社の将来的な人材育成の障害となる可能性があります。
重点分野(2) 地域貢献:
 事業との関連性 世界中で事業を展開する当社にとっては、各事業地域の社会と共生し、強固な信頼関係を築いていくことが事業継続の重要な要素です。
重点分野(3) 環境:
 事業との関連性 新興国・途上国を含めグローバルに事業を展開する当社にとって、地球環境に配慮した事業活動を行うことは、事業継続の重要な要素です。

社会貢献活動の投入費用

社会貢献活動費✓   単位 2012 2013 2014 2015 2016
データ対象範囲   グループ グループ グループ グループ グループ
総額 百万円 1,480 1,478 1,899 2,053 2,542
分野別内訳 学術研究 百万円 177 143 428 452 491
教育 百万円 503 494 596 636 1,115
地域社会 百万円 153 125 135 295 108
スポーツ 百万円 173 149 177 100 134
その他 百万円 474 566 563 570 693
対経常利益率✓ 1.0 0.8 0.7 0.8 2.1
政治寄付   単位 2013 2014 2015 2016
データ対象範囲   単独 単独 単独 単独
総額 百万円 30 33 33 33

社会貢献活動の効果測定

  単位 2012 2013 2014 2015 2016
重点分野(1)のKPI
理科授業受講実績✓
参加人数(延べ人数)   8,936 4,864 9,350 58,578
データ対象範囲     単独 単独 グループ グループ
重点分野(2)のKPI
自然災害被災地支援実績✓
主な支援件数 1 2 1 2 6
寄付・寄贈額 千円 28,620 33,040 10,470 5,862 45,393
データ対象範囲   単独 単独 単独 グループ グループ
重点分野(3)のKPI
新興国における都市廃棄物管理の日本のノウハウ移転プログラム✓
開催回数       3 1
参加人数(延べ人数)       504 230
データ対象範囲         グループ グループ
事業上の効果
  • 当社グループ社員が理科授業の講師を務めることによる、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力の向上、およびモチベーションの向上
  • 自然災害被災地支援による、当社グループの重要な事業関連地域の早期復興
  • 新興国の環境意識向上による、当社環境関連製品の受注機会の拡大
ページのトップへ戻る