ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMECSRへの取り組みCSRニュース鹿児島県薩摩川内市の次世代エネルギーフェアで空気ロケット工作を開催しました

ページの本文です。

2017年3月13日 発行

鹿児島県薩摩川内市の次世代エネルギーフェアで空気ロケット工作を開催しました

2月25日(土曜)~26日(日曜)に鹿児島県薩摩川内市で開催された「第12回生涯学習フェスティバル&次世代エネルギーフェア」で、三菱重工はH-IIAロケットを題材とした工作コーナーにて「みんなで作って飛ばそう!!空気ロケット工場」ペーパークラフト工作を実施しました。

本展示コーナーは、エネルギーをテーマにした「展示・体験」のひとつで、身の回りにあるエネルギーの力や不思議さ、ものづくりの楽しさを感じてもらうことを目的に開催し、紙筒ロケットのおもちゃを工作し、空気の圧力で実際に高く飛ばす体験をしてもらいました。当日は、たくさんの子ども達と保護者の方が、当社グループ社員と一緒に楽しく工作を行いました。
紙筒にビニール袋を取り付けたオリジナルの発射装置(紙筒をフイゴの要領でフーフーと息を吹き込みビニール袋に空気をためる装置)を使って、工作したロケットを打ち上げると「うわぁ~!すご~い!」「思ったよりも高く飛んだ!」など、あちこちから驚きと歓声が聞こえました。「少し難しいところもあったけれど、上手く作れた」「ロケット作りが楽しかった」「空気でこんなに飛ぶロケットが作れるなんて思いもしなかった」「空気でとぶしくみがおもしろかった」など、たくさんの感想をいただきました。

今回のイベントに参加下さった皆さんが、身の回りにあるエネルギーについて考え、少し手間はかかるけど身近にある材料を丸めたり、切ったり、折り曲げたり、貼り合わせたりなどの体験を通して、ものづくりの楽しさや発想力に繋がり、理科やものづくりに興味を持つきっかけになればと願っています。子ども達のキラキラした目や、一緒に楽しそうに工作する大人達の姿を見ることができ、当社グループ社員も楽しい時間を過ごしました。

当社グループはこれからも様々な機会を通じ、各地で地域貢献・次世代育成支援活動を行って参ります。

写真:社員にアドバイスをもらいながら工作
社員にアドバイスをもらいながら工作
写真:たくさんの方に来場いただきました
たくさんの方に来場いただきました
【前回のイベント関連ニュース】 連絡先: エネルギー・環境ドメイン 営業戦略部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る