ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME企業情報会社組織横浜製作所横浜製作所の沿革1930年(昭和5年)ディーゼル機関初号機完成

1930年(昭和5年)ディーゼル機関初号機完成

横浜製作所初のディーゼル機関
横浜製作所初のディーゼル機関

昭和時代(1926年以降)に入り、欧州においてはディーゼル機関の実用化が進み、日本でも次第にディーゼル主機関の時代へと移行していきました。
横浜製作所では、ディーゼル機関を欧州からの輸入に依存していましたが、自製についての検討も進められていました。
1930年にドイツMAN社との技術提携による横浜製作所として初のディーゼル機関を舶用向けに完成・出荷しました。

ページのトップへ戻る