ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME企業情報会社組織横浜製作所横浜製作所の沿革1929年(昭和4年)氷川丸進水

1929年(昭和4年)氷川丸進水

進水直前の氷川丸
進水直前の氷川丸

太平洋シアトル横断航路の女王として長年活躍した「氷川丸」は1929年9月に進水しました。
第2次世界大戦中は病院船として徴用され、終戦後は復員船あるいは外米運搬船として活躍しました。
1943年7月に貨客船として再デビューするための改装工事を施工し、日本唯一の外航客船として活躍しましたが、1961年1月に山下公園に係留され、現在は横浜港のシンボルとして市民の憩いの場となっています。

ページのトップへ戻る