ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME企業情報会社組織下関造船所下関造船所の沿革

下関造船所の沿革

下関造船所の歴史をご紹介します。

1914年 第一ドックが完成、三菱合資会社彦島造船所として操業を開始
1917年 第一番船、門司税関港務部向け「第一号消毒船」引渡
1920年 第ニドック完成
1927年 第一、第二船台が完成。中小型船舶の建造に着手
1934年 三菱重工業(株)彦島造船所と改称
1943年 日立造船所(株)彦島造船所を買収、下関造船所と改称
1944年 鋼製炭車初号機を納入
1950年 西日本重工業(株)下関造船所と改称
1952年 三菱造船(株)下関造船所と改称
1954年 わが国初 全軽合金製警備艇「あらかぜ」引渡
1962年 油圧式コンクリートポンプ車製作開始
1964年 大和町工場に造機工場を建設、操業を開始
三菱重工業(株)下関造船所と改称
創業50周年
1967年 わが国最高水準の海洋研究船「白鳳丸」引渡
1970年 新舟艇工場完成
1972年 三菱デッキクレーン初号機を完成
1974年 船台のセミドライドック化および甲板機械組立工場完成
1975年 世界初の自動化ケーブル敷設船「黒潮丸」引渡
1977年 世界最大級の軽合金製大型高速旅客艇「シーホーク」引渡
1979年 わが国初のケーブルエンジン搭載の海洋観測艦「ふたみ」引渡
1981年 超豪華モーターヨット「PEGASUS VI」引渡
1984年 世界初の海底光ケーブル用ケーブル敷設船「光洋丸」引渡
ディーゼル駆動定置式コンクリートポンプ車DC-A1000D初号機完成
1986年 大和町工場の油圧機器工場稼動開始
1990年 世界初の“揺れない船”HSCC(ハイ・スティブル・キャビン・クラフト)「ヴォイジャー」引渡
1993年 世界初 ディーゼルエンジン駆動の超高速双胴型水中翼船「レインボー」引渡
1994年 1000番船が完成
1997年 単胴型高速カーフェリー「ゆにこん」引渡
ディーゼル駆動の鋼船として世界最高の42.4ノットを記録
1998年 国内最大の曳航力を有する海難救助兼引船「航洋丸」引渡
1999年 国内最大級の海底ケーブル敷設船「すばる」引渡
日本の造船所として14年ぶりの輸出フェリーとなる「EUROPEAN CAUSEWAY」引渡
2005年 世界最大の耐震実験施設(実大三次元震動破壊実験施設)が完成
2006年 航空機工場が完成
2007年 新舟艇工場(H棟)完成

史料館には、開所当時の写真やさまざまな資料を展示しています。

ページのトップへ戻る