ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME企業情報会社組織神戸造船所神戸造船所の沿革

神戸造船所の沿革

1905年
(明治38年)
  • 三菱合資会社神戸三菱造船所として発足
1917年
(大正6年)
  • 三菱合資会社の造船部門が三菱造船株式会社として独立
1919年
(大正8年)
  • 電気部を分離し、電機製作所を設立(現・三菱電機株式会社の前身)
1928年
(昭和3年)
  • 三菱内燃機会社神戸分工場を併合
1934年
(昭和9年)
  • 社名を三菱重工業株式会社と変更
1943年
(昭和18年)
  • 機関車・エアブレーキ製作部門を分離し、三原製作所を設立
1944年
(昭和19年)
  • 広島造船所観音工場の設立を主導
1950年
(昭和25年)
  • 三菱重工業株式会社は3社に分割、神戸造船所は中日本重工業株式会社として新発足
1952年
(昭和27年)
  • 社名を新三菱重工業株式会社に変更
1960年
(昭和35年)
  • 明石工場を新設し、建設機械の製作に進出
1962年
(昭和37年)
  • タービン、水車などの専門工場として高砂工場を新設
1964年
(昭和39年)
  • 高砂工場を分離し、高砂製作所を設立
  • 三菱3重工合併に伴い社名を三菱重工業株式会社と変更
1971年
(昭和46年)
  • 明石工場を分離し、明石製作所
    (現・キャタピラージャパン株式会社明石事業所)を設立
1972年
(昭和47年)
  • 原子力専門工場を新設
1978年
(昭和53年)
  • 鋳物の最新鋭工場として二見工場を新設
1986年
(昭和61年)
  • 二見工場に大型機器工場を新設
1989年
(平成元年)
  • 広島海洋機器工場から鯛尾工場を移管受け
1991年
(平成3年)
  • 設計開発センター竣工
1997年
(平成9年)
  • 二見工場にITSテストコースを新設
1999年
(平成11年)
  • 総合保全訓練センター竣工
2002年
(平成14年)
  • 鯛尾工場を本工場に集約
2003年
(平成15年)
  • 火力事業を長崎造船所・横浜製作所に移管
2005年
(平成17年)
  • 神戸造船所創業100周年
2006年
(平成18年)
  • 橋梁事業を三菱重工グループ会社に移管
2007年
(平成19年)
  • 排ガス処理装置事業を三菱重工グループ会社に移管
  • 地中建機事業を三菱重工グループ会社に移管
2009年
(平成21年)
  • 技能研修センター竣工
  • 機械・鉄構関連事業を交通・先端機器事業部へ移管
2011年
(平成23年)
  • 二見工場の大型機器工場の増築建屋完成
  • 事業本部制に移行
2012年
(平成24年)
  • 商船(新造船)建造終了
2013年
(平成25年)
  • 舶用ディーゼル事業を三菱重工グループ会社に移管
2014年
(平成26年)
  • 事業本部制からドメイン制へ移行完了
ページのトップへ戻る