ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME企業情報展示施設長崎造船所 史料館長崎造船所 史料館 戦後の造船コーナー

長崎造船所 史料館 戦後の造船コーナー

戦後の造船部門は大きく4つの段階に沿って発展した。
第1段階は昭和20年代(1945年~1954年)における基盤作りの時代であり、計画造船を背景として、1949年(昭和24年)頃から始まった溶接技術とブロック工法の研究開発が幾多の優秀な船舶を生み出した。
第2段階は昭和30年代(1955年~1964年)の第1次輸出船ブームである。この時期、長崎造船所は単一造船所として進水量で世界一となった。第3段階は1962年(昭和37年)からの第2次輸出船ブームである。タンカーが中心となり、10万トンから40万トン以上まで急速に大型化した。
第4段階は1973年(昭和48年)秋の第1次石油ショック以降の世界的構造不況時代である。
大型タンカーの代わりに、船種は小型で多様化の方向へ変わり、操業量が極度に低落した。
1985年(昭和60年)秋からの為替レートの急激な変動で日本造船界は再び苦境に立たされたが、幾多の徹底的な構造改革の断行により、新たな発展を続けている。

ドーニヤ・アリシア

ドーニヤ・アリシア
ナショナル・ディベロップメント向け貨物船
9,476トン 10,500馬力 19.112ノット
1950年(昭和25年)10月竣工
戦後の長崎造船所輸出第1船

スタンバック・ジャパン

スタンバック・ジャパン
スタンダード・バキューム向けタンカー
26,503トン 13,750馬力 17.307ノット
1953年(昭和28年)3月竣工
戦後、長崎造船所技術の優秀さを世界に示した画期的な大型タンカー

太和丸

太和丸
太平洋海運向けタンカー
71,508トン 20,000馬力 17.19ノット
1963年(昭和38年)3月竣工
いわゆる「合理化タンカー」の第1船

デイビッド・パッカード

デイビッド・パッカード
シェブロン向けタンカー
406,592トン 45,000馬力 17.38ノット
1977年(昭和52年)4月竣工
長崎造船所建造6隻の超大型タンカーの1隻

新豊丸

新豊丸
新和海運向けばら積貨物船
208,952トン 18,900馬力 16.34ノット
1982年(昭和57年)8月竣工
超省エネ船

リバー・ボイン

リバー・ボイン
オーストラリアン・ナショナル・ライン向けばら積貨物船
75,517トン 19,000馬力 16.87ノット
1982年(昭和57年)9月竣工
約30年振りに建造の石炭焚き船
ページのトップへ戻る