ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME企業情報展示施設長崎造船所 史料館長崎造船所 史料館 三菱創業期コーナー

長崎造船所 史料館 三菱創業期コーナー

幕府直営の長崎製鉄所は、明治維新で官営長崎製鉄所となり、1871年(明治4年)には工部省所管の長崎造船所と名称を改称した。
そのころ三菱社は自家造船所経営の必要に迫られており、政府が民間に経営を委ねる方針を出した時、機を逸せず長崎造船所の貸与を願い出た。
1884年(明治17年)7月、三菱経営となり積極的な経営で本格的な造船所として発展していった。
1885年(明治18年)には早くも鉄製の浚渫船を竣工させ、続いて長崎造船所で建造した最初の鉄製汽船「夕顔丸」を竣工させた。

御払下願

御払下願

1887年(明治20年)4月三菱社々長岩崎彌之助は大蔵大臣伯爵松方正義に長崎造船所(長崎造船局を改称)の払下げを申請し、1887年(明治20年)6月代金45万9千円で許可を受け名実共に三菱社の所有に帰した。

「夕顔丸」の進水

「夕顔丸」の進水

長崎造船所最初の鉄製汽船 1887年(明治20年)5月竣工
三菱炭坑社向け貨客船 206トン 330馬力 8ノット

「夕顔丸」の舵輪

「夕顔丸」の舵輪

「常陸丸」

「常陸丸」

わが国建造初の近代的大型貨客船
1898年(明治31年)8月竣工 6,172トン 3,847馬力 14.184ノット
1904年(明治37年)日露戦争で兵員輸送中、ロシア艦隊の砲撃を受け玄海灘で戦没した。

1898年(明治31年)飽ノ浦造機工場

1898年(明治31年)飽ノ浦造機工場

木型場(現史料館)も完成間近。

ページのトップへ戻る